はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ジョグジャカルタへ
真っ暗闇のなかカエルかなんかの泣き声が田んぼに響く朝の5時50分、
DANA SALI COTTAGEをチェックアウト。

チェックアウトといっても、宿の人がどこにいるかわからないので
鍵穴に鍵をぶらさげて黙って出て行く。
今朝6時ごろに出発することは言ってあるし、お金もすでに払ったのでいいのだ。

それにしても、この宿は気持ちよかったなぁ。
朝食もここで食べたかったし、できればもうちょっと泊まりたかった。

さて、今朝の6時に空港まで送ってくれるよう約束した
白タクのおじさんのオフィスまで歩いていく。

実は私たちが予約したのはニュピ明けである昨日の午前中で、あまりも店も開いてなく、
1件目に入ったその店で、前もって地元の人から聞いていた空港への相場より
安くしてくれたので即決したのだった。
「まだ宿が決まってないけど、後で宿を知らせにくるから当日はピックアップしてね」
という話を予約時にしていたのだけど、
お昼すぎに宿を決めて再度オフィスにいくとシャッターが閉まっていた。
お昼休みかなーと思って数時間後にまた行ってもシャッターは堅く閉じたまま。

お金払っちゃったしどうしようーという感じなのだが
とりあえず当日オフィスにいってみようということにしたのだ。

日の出前でほかにやってる店は当然ないし、すっぽかされたら飛行機に乗れないなーと
心細げにオフィス前の道路に座り込んで待っていたら、6時2分におじさん登場。
よかった。

それにしても、店はまだやってないけど道には人が結構たくさん歩いているのに驚く。
みんな早起きしてマーケットに出かけるのかもしれない。

無事ングラライ空港に着いて、LION Airでジャワ島のジョグジャカルタへ。
飛行時間45分程度で到着し、時計を1時間まき戻す。


インフォメーションで聞いてみると、ミニバンみたいなシャトルバスで
バスステーションまで行って、そこから公共バスに乗れることがわかった。

シャトルバスが着いたところには思ったより新しくきれいなバス亭があって、
これまたきれいなバスが現れた。トランス・ジョグジャと書いてある。
中心部のマリオボロ通りまで3000Rp。とても安く感じる。
バスの中は陽気な音楽が流れていた。

マリオボロで降りて、ツーリストセンターを探すがやっていなかった。
そうか、今日は日曜なんだ。曜日の感覚がすでになくなっている。

ジョグジャカルタでの予定をふたりで話していたら
ベチャのおじさんがしつこく話しかけてきた。
安い宿はここじゃなくてこっちの○○通りにいっぱいあるけど
4キロあるから歩くと大変だぞ、ベチャで3000Rpで行くぞ。としつこい。

今回ジョグジャカルタに来たのは、世界遺産のボルブドゥールに行くためで、
私は2回目になるので今回行くなら公園内のホテルに泊まってサンライズを見るが希望だった。

なので、公園内の唯一のホテルというマノハラホテルにとりあえず電話してみたら、
今日も明日も部屋はあるみたいだけど、相方はその値段が気に入らないらしい。

ダブルで400000Rpって、確かに高いけど
ボロブドゥールの入場料11ドル×2を差しひいたらそんなに高くないよと説得。
泊まるか、泊まらないかとりあえずペンディングにして、今日はこのへんに泊まることに。

電話を終えてもしつこいベチャのお兄さんが待っているので、
その宿が多いという道につれていってもらう。
確かにベチャは重い荷物もって歩くより快適。でもお兄さんが大変そう。

そうこうしているうちに着いたところで宿を探すがどこも結構な値段がする。
しかも中心部から遠い。

文句を言ったらそのお兄さんがあやまってきて、マリオボロに安いのがあるよと言い出した。
とりあえずマリオボロまで戻ってもらって、最初に乗った場所の近くで宿を見つけて入った。
もう疲れたのでそれに決めてしまった。
ファン付き水シャワーの部屋で60000Rp良くもないし安くもないがもう疲れた。
負けた気分だ。


そして散策。物価が安いのに驚く。
屋台ごはんが4~5000RP。これがインドネシアの現地価格なのかな。
バリは観光地なんだなぁ。

2008030902.jpg

歩いていると、いろんな人がいろいろ勝手に英語で話しかけてくる、
そして聞いてもいないのに、いろいろ勝手に教えてくれる。

それが本当かどうかわからないし、善意なのか商売毛があるのかもわからない。
疲れる。
英語の会話をしたいだけなのだろうか。

やることもないので、二人の人が教えてくれたバティックのアートセンターに行って、
ろうけつ染めのやりかたを見せてもらったりした。

2008030903.jpg
王宮近くの揚げ物通り。
【2008/03/09 02:37】 | 1か国目★インドネシア(08.2/29〜3/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ボロブドゥール | ホーム | バリダンス>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/163-3d2ad501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。