はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
きた!カリブ海!
なかなか居心地の良い宿だったのでもう1泊。

どうも相方がだるくて部屋から出る元気がないという。
移動の疲れが出たのかもしれない。

なのでひとりで食べ物や飲み物を買い出しに行って帰っては休憩、
クリーニング屋に洗濯物を出して帰っては休憩、
散歩してきて帰っては休憩、といったことをくりかえす。
2009040101.jpg
海がホントきれい。
2009040103.jpg
ホンジュラスで行けなかったカリブ海が今ここに。
2009040104.jpg
リゾートエリアの中心は、5番通りといって
延々と土産屋やカフェ、ホテルが並んでいる。
ソカロの近くは古めの店が多くて、新バスターミナルをすぎるあたりから
新しめの、おしゃれな店やホテルが多くなっているようだった。
2009040102.jpg
海の近くにタコスの屋台があったので、食べようと思って値段を聞くと10ペソもした。
メキシコシティで4か3.5ペソだった小さいサイズのタコスで。
観光地なんだなぁ。

自炊しないとやっぱりリゾートはキツい。
今の宿は居心地はいいのだけど、
もう数泊ここにいるならキッチンとネット環境が欲しいところである。

そろそろアメリカでの宿をネットで予約しておいた方がいいだろう。
うろうろ歩いて明日移る宿の目星を付ける。

ウォルマートに行ったら寿司が売っていたので思わず購入。
食欲ないといっていた相方も半分食べたのでよかった。

元気のないときはやっぱりお米に限る。

そしてメキシコの味、アボガドは寿司に良く合うのだった。
スポンサーサイト
【2009/04/01 21:36】 | 43か国目★メキシコ(09.3/24〜4/4) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プラヤ・デル・カルメン
今日も相方は不調。

風邪をひいたのかな?でも熱はない。
頭痛と、だるさ。おなかの具合もあまり良くないみたい。
疲れだろうとは思うんだけど。

2ブロックぐらい離れたところに宿を確保したので
がんばって移動する。
2009040204.jpg
●Hostel Colores Mexicanaos
トイレ、シャワー付き350ペソ
ダブルベッド2つのツインで部屋は広々。
インターネット無料。共同キッチンあり

夕方、また海に行く。
2009040202.jpg
気持ちいいなぁ。
2009040201.jpg
カップルの男性が、女性に音楽のプレゼント。素敵。

すっごく心地よい音だったので思わず動画↑とりました

スーパーで買い物してきて、夕飯を作った。
2009040203.jpg
ビールとライム、白米と肉とマンゴー。最高。
鳥がうるさい。
【2009/04/02 22:09】 | 43か国目★メキシコ(09.3/24〜4/4) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コスメル島でシュノーケリング
プラヤデルカルメンからは、コスメル島へのフェリーが出ている。

前々から、コスメル島でのダイビングは素晴らしい!
と聞いていたので、ダイビングすることを楽しみにしていた。
だけど、プラヤデルカルメンに来てからというもの相方が不調である。

今日も、部屋にいるから島に行ってきていいよと言うので、
ひとりでコスメルに行く事にした。

プラヤデルカルメンにもダイビングショップがたくさんあって、
こっちでツアーに申し込んだ方が安いし効率よさそうなのだけど
(セノーテにダイビングするツアーなんかもあった。
OWでいけるのかは不明だけど)
相方の様子を見てから決めようと思っていたら
あっという間にプラヤデルカルメンでの滞在も
明日で最後となってしまったのだった。

寂しいけど、一人でフェリー乗り場に向かう。
2009040301.jpg
次は10時の船らしい。往復で140ペソ。結構高い。
時間になると、乗り場は観光客でいっぱいになった。
2009040302.jpg
コスメルに向かう船上では、陽気な生演奏付き。

観光客はだいたいアメリカ人のようだ。みんなノリノリ。
高いビールをガンガン飲んでいる。

そしてびっくりしたのは、チップの気前よさ!
無償で演奏しているのでチップ下さい!と求められるままに
ためらわず(ドル)札をわしづかみで入れるひと多数。

アメリカ人のリゾートってこういうもんなんだー。

島に到着すると、ダイビングやシュノーケルの
ツアー会社のカウンターがずらっと並んで呼び込みをしていた。

私はいち早く、ひとりでさっさと下船してきてしまったので
タイミングが合わずに一旦スルーして出てしまったのだけれども
やっぱり面倒なので戻ってとにかくどこかでダイビングをしてしまおう
という気になり、人気のまばらになったカウンターでこちらから声をかけてみた。

そこはどうやらシュノーケリングの会社であった。
だけどちょっと話を聞いてみたら、シュノーケリングでも十分楽しめそうだし
逆にダイビングよりもラクかもなーという気になってきたのだった。

これからすぐに出発するというし、
3つのポイントでシュノーケリングできるというし、
船の上でビールを含めドリンクが飲み放題というし、
今ならディスカウントして20ドルにするというのでそこに決めてしまった。

ダイビングするよりもだいぶ安い。

おじさんに連れられて船に乗ると、既にメンツが集まっていて
私が最後の一人だったようだ。なるほど、だから安かったんだな。
2009040308.jpg
こんな船。
メンバーは、メキシコシティから来たという5人家族と
アメリカ人のハネムーンカップル。
2009040303.jpg
島の周りには豪華客船がたくさん泊まってた。
2009040304.jpg
曇りだったし、風も強く、透明度は思ったほどではなかった。
それでも、魚がたくさんいて楽しい。
2009040306.jpg
最初のポイントでは下にダイバーの姿も見えた。
一瞬、ダイビングの方がよかったかなぁとも思ったけど
この透明度だったらシュノーケルも気楽でいい。
2009040309.jpg
集まっている魚たち。
2009040310.jpg
水中にいる時間が長いからだんだん冷えてきた。
せっかく船の上でビールが飲み放題だったのに、
寒くて一本も口にできなかった。

でも根性で、次のポイントもエントリー。
寒かったけど楽しかった。
2009040311.jpg
コスメル島のフェリー乗り場近くを散策。
アクセサリー屋が多く、記念にピアスを購入。

3時のフェリーで帰ってきた。

帰りの船の中でも、生演奏は大盛り上がりだった。
【2009/04/03 23:26】 | 43か国目★メキシコ(09.3/24〜4/4) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちらっとカンクン
プラヤデルカルメンでは、抜けるようなブルーの海を
すぐ近くに感じながらのんびり過ごす事ができた。

ここのところダッシュで回ってきたから尚更だ。
相方の体調も、だいぶ回復したようでよかった。

明日、とうとうメキシコを出て北アメリカに渡る。
空港がカンクンの近くなので、カンクンに寄るかどうか、という所である。

問題は、やっぱり物価の高さ。
だけど行ってみたいなーっと憧れていた場所だったのは事実なのだし
せっかくここまで来たからには1泊ぐらいしてみよう、ということで
今朝、チェックアウトしてバスでカンクンへと向かうことにした。

カンクンってマイアミとちょっと似た形をしていて
内陸部にダウンタウンがあり、海側に南北に伸びる細長い小島をつなげたような
リゾートエリア(いわゆるホテルエリア)があるのだ。

どうせ、カンクンに行ったところで
ホテルエリアでリゾート!というのは今となっては想定しておらず、
宿泊予定は、ダウンタウンであるセントロ地区の安宿である。
だったら行かなくてもいいんじゃない、なんで行くの?
と相方が聞いてくるけれど、
それは、ハワイに初めて行ってワイキキビーチに行かないようなものだと思うのだ。
(結局、行ってみれば特別にこだわるようなものでは無かった
という意味でも一緒だったといえるのだが)


プラヤデルカルメンからカンクンへは
ADO社のバスが1時間に1本は出ている。

どうやら空港とのダイレクトバスもあるみたいだ。
カンクンへ寄らないで、直接こっちに来る人もいるってことだなぁ。
我々みたいな旅行者にとってはその方がいいのかも…と最後まで悩む。

朝7時のバスでカンクンまで1時間半。
セントロのバスターミナルに到着した。

目指すは日本人宿
●ロサスシエテ
http://www.geocities.jp/pensioncancun2007/

トイレ付きのツインの部屋が開いていてラッキー。
なかなか居心地のよい宿であった。

明日エアポートに行く事を言うと、
「あれ、明日からサマータイムだから気をつけなきゃね」
と教えてくれた。知らなかった!
そうか、明日は4月の第一日曜だったのだ。
1時間早く起きなくてはいけない。危なかったなー。

とりあえず、セントロの街をウロウロして
民芸品市場やスーパーをのぞく。

せっかくなので、ホテルエリアの方を見てみようとバスに乗った。

セントロからの道が大きく逆L字カーブを描いて南下する岬のあたりに
ショッピングセンターらしきものが密集していたのでそこで下車。

だけど店や土産物屋は小ぎれいすぎてあまりおもしろくない
アメリカチェーンのレストランやいかにもなバーが目につく。
夜になれば楽しそうに繰り出してくるであろうアメリカ人旅行者の姿が目に浮かぶというか…。
2009040402.jpg
海は奇麗なんだけど…。

なんだかうんざりしてきて、その先のホテルエリアには進まず戻ってきてしまった。
こんなことなら、プラヤデルカルメンにもう一泊するか、トゥルムにでも行けばよかったかな。

ダウンタウンに戻ると、パラパス公園にこぢんまりしたフードコートのような場所を発見。
地元のファミリーが屋外のテーブルでおやつを食べていて、みんななんだか楽しそう。
そこで行列ができてた店をのぞくと
揚げ餃子風のトルティーヤはさみ揚げというようなもので
食べてみたらとってもおいしかった。
2009040403.jpg
思い返してみれば、私たちがメキシコで食べてたのって屋台フードばっかりである。
1週間程度じゃタコスに飽きなかったというのが本当のところだけど
もうちょっと他の料理を食べた方がよかったのかな、と最終日の今になって思ったり。
【2009/04/04 13:50】 | 43か国目★メキシコ(09.3/24〜4/4) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ニューヨークへ
朝起きてみるとロサスシエテのリビングにかかった壁時計は
しっかりと昨日より1時間早いサマータイムを刻んでいた。
昨日の夜のうちに時計を進ませておいたのだろう。

寝ている人を起こさないように気を使いながら
こっそりとキッチンで朝食を作り、食べる。

いよいよメキシコもおしまいである。
なんだかもう旅行そのものが終わってしまうような寂しさを感じてしまう。
実際、私たちの旅行も、残りはアメリカ合衆国だけで
あと2週間をすぎれば日本に帰ることになっているのだ。

乗り納めとなるADO社のバスで空港に行き、
9時半発の飛行機はニューヨークのJFK空港へと向かう。

アメリカン航空の飛行機の中は、というよりカウンターからすでにもうアメリカ。
はぁー本当に終わっちゃったんだなーと思う。

手元のインフォメーションを見て、ニューヨークまで2時間半かぁ
めちゃめちゃ近いじゃないか、と思っていたら、
時差があるため実際にかかった時間は3時間半であった。

13時ごろニューヨークに到着。

ニューヨークはふたりとも初めてだし、とても楽しみにしていた。

私は東京生まれなので、もし「上京」するとしたら
京都に行くか、それとも北京か、
はたまたニューヨークかなぁ、などと考えたことがある。

エアトレインと呼ばれるターミナル循環シャトルでメトロの駅まで行って
そこからメトロに乗り換える(アメリカはメトロじゃなくてサブウェイか)。

空港の中からきっちり確実に英語表記なので、ずいぶん気が楽になったのだけど
メトロの自販機は使い方がよくわからず苦戦した。

メトロに乗る前に、どうにもお腹がすいたので
一旦外にでてなにか食べようと言う事になった。
ここがどこだか全く分からないけど、とりあえず目についたマックに入る。
2009040501.jpg
本場で食べるマックはこれまでいろーんな国で食べてきたのと同じだった。
それってすごいよなーと、改めてまた思う。

店内は、黒人の人ばっかり。アジア系もいたけど。
どっちかっていうとスパニッシュが飛び交っていた。
民族ごちゃまぜという感じで、ニューヨークっぽいなーとなんだか思った。

これまでアメリカに来て、ファストフードの店員さんの対応に
あまりよい印象を持つことはなかったのだけど
ここのレジの黒人女性は感じがよくて印象的だった。
こういうところもあるんだな。


さて、世界一物価が高いとも言われるニューヨークでの宿、である。
今回はドミトリーやゲストハウスはやめようということになった。
だって、明後日は私の誕生日なんだもの。

とはいえネットで予約すべくいろいろ調べてみたところ
中心部のホテルは値段の割にコストパフォーマンスがよろしくないというか
いまいちで(そりゃ高級ホテルに泊まれれば別だろうけど)、
かといって場所によっては安全面も心配だし、とかなり悩んだ結果
とりあえず2泊はマンハッタンの右岸にある
ロングアイランドシティのチェーンホテルをネットで予約してみた。

●Quality Inn Long Island City
トイレ、バス付き、朝食つき。wifi接続可。
ネット予約で1泊90ドルぐらい(税別)だった。
2009040502.jpg
ヨーロッパぶりに、パリッとしたシーツで眠れる。
ゆっくり湯船につかる事ができるのが嬉しい。
2009040503.jpg
ちなみにこっちは昨日泊まっていたカンクンでの部屋

まだ相方の体調が十分ではないようなので、今日は部屋で休むことにした。

暗くなる前になにか飲み物や食べ物を買ってこなきゃと外に出ると
全然店がやっていない。そうかー今日は日曜か。

ひとりでガランとした街を歩いていると、だんだん怖くなってくる。
日も暮れかけているし、足早に切り上げようとしたとき、
ようやく見つけた小さな商店で水とジュースを購入。
しょうがない、今日の夕食はカップラーメンに決定だ。

物価の高いニューヨーク用に、メキシコで少し食料を買ってきてあるのだった。
【2009/04/05 13:55】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雨のマンハッタン
朝、朝食を求めてロビーにいくと先客がいた。
スペイン人なのか、スペイン系アメリカ人なのか分からないけど
6人ぐらいのグループで楽しそうにスペイン語で話しながらドーナツを食べていた。

昨日までスペイン語圏にいた私たちなので
あれ、ここはニューヨークだよね、とちょっと不思議な感覚がしてしまう。
ちなみにホテルのフロントのお兄さんもスペイン語がペラペラである。

朝ご飯は、ドーナツとベーグルに、ジュースとコーヒー。
ニューヨークといえばベーグルだよね、と
相方は嬉しそうにベーグルにクリームチーズをつけて食べている。

窓の外には小雨が降っている。

折り畳み傘を持って、マンハッタンへいってみよう。
宿からすぐのところにメトロの39th.Av駅がある。
メトロだけど、この駅は高架の上にあるのだ。

列車に乗り込むと、左側にクライスラービルや高層ビル群が遠くに現れ
あのビル映画でみたことある!と思ったらば列車は地下に潜っていった。
5番街で降りてみる。

地上に出るとすぐ、セントラルパークの入り口がある。
ここが公園の南端だ。
今日は雨なので公園には行かず、5番街をとりあえず南下してみる。
2009040602.jpg
すごいなー。ドシーン、ドシーンと、でっかいビルがそこかしこに。
キョロキョロしてしまう。
完全にお上りさん状態なのである。

よく映画とかで見るけど、本当に道路から煙が出てるんだな。
これって、地下鉄関係の蒸気なのかしら。
2009040601.jpg
重厚な古めかしい建物や、近代的なビルの間に
教会がポツポツあるのがおもしろい。


5番街には有名なティファニーの本店がある。
この前を通る外国人は、絶対みんな頭の中に
サングラスをかけたオードリーヘップバーンの顔があるに違いない。

すると相方が、結婚指輪買う?と言ってくれた!

そうです。実は2週間後、私たちはハワイで結婚することになったのです。
今のところの予定では。

うん!買おう!と中に入ったものの
これまで結婚指輪というものを意識して見た事が無いので
結婚指輪用のものがどれもあまりかわいくないと思ってしまった。

なんだかシンプルすぎて、身につける楽しみがなさそうな気がして…。
元来、結婚指輪というのはそういうものかもしれないのだけれども。

たいていの人のように、キラキラした婚約指輪を
その前にもらう前提が私にはないから余計そう思うのかもしれない。

とにかく気に入ったものがなかったので、せっかくだけど買うのはやめた。
今思えば、買っておけばいい思い出になったのかもしれないのだけれど。

お決まりのJCBプラザに寄って、コーヒーを飲みながらガイドブックを観覧する。
メジャーリーグの情報を聞くと、私たちのNY滞在中は
ちょうどヤンキースは遠征しているらしい。
残念だなーゴジラ松井応援したかったのに。

今やってるミュージカルの情報などももらってきた。
え、RENTやってないの!とショックを受ける。
ニューヨークに来たらRENTが見れるとばっかり思っていたのに。

去年私たちが旅行している間に終わってしまったらしい。
12年に及ぶ超ロングランだったのに…。

今ブロードウェイでやっているもので見たいのは、インザハイツ。
昨年のトニー賞受賞の作品で、ニューヨークのスパニッシュ系コミュニテイでの話らしい。
内容的に一番関心があるのだけど、
脚本と主演の人が映画化のために最近降板してしまっている。
ラップ調の歌詞が多いらしから英語力にも不安があるし、ちょっと迷う。

ロンドンで見てとっても良かったビリーエリオットをこっちで見てもいいし、
でももったいないかなーとか
ウィキッドとか、オペラ座の怪人とか、ウエストサイドストーリーとか
メリーポピンズとかヘアーとか、もうどれにしようー
2009040604.jpg
ロックフェラーセンター前の花壇が素敵。
2009040603.jpg
このスケートリンクもよく映画にでてくるなー。
2009040605.jpg
タイムズスクエア。おぉ~!ニューヨークだ。
2009040608.jpg
ミュージカルの看板がいっぱい。何を見ようかワクワクする。
2009040606.jpg
ミュージカルの当日券を安く販売しているチケッツ。
雨なのに、めちゃくちゃ長蛇の列。
ロンドンのチケッツはこんなに並んでなかったのに
さすがブロードウェイだなぁ。ちょっと私にはムリかもしれない。

さて、ミュージカルのチケットをどうやって手に入れるか。

チケッツのそばに昔の劇場を改装した観光案内所があって、
そこでいろいろな情報をもらえた。

ロンドンでは、当日劇場に行くとだいたい当日券が売ってたので
ニューヨークでも前売りを買う気持ちが薄れてはいたのだけど、
ラッシュチケットという格安当日チケットがあるというのを知り気が固まった

面白そうなのでそれを試してみる事にしよう。
2009040607.jpg
インザハイツもラッシュがあったので、開演2時間前に劇場に行ってみる。
ところが、5分ほど遅れて到着すると、すでに抽選が終わった後だったようだ。

どうやら2時間前までに会場でエントリーして、
きっかり2時間前に抽選が行われるという仕組みらしい。

よし、明日チャレンジしてみよう!と意気込んでみた。
【2009/04/06 14:38】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
盛りだくさんな誕生日♪
2009040701.jpg
えー私、本日旅行中で2度目の誕生日を迎え
したがって出発日より2歳、年をとりました。

数日前から、誕生日には何を食べようかな~と悩んでおり
日本で食べられないようなニューヨーク風寿司!とリサーチをしていました。

そして、決めたのが評判のよさそうなお店Sushi of Gari
夜はミュージカルを見たいし、昼の方がリーズナブルだったので
寿司ランチする事に。

和風の店内で寿司を食べていたのは、
スーツをびしっと着た地元ビジネスマンばかりで、日本人は私たちだけ。

ニューヨークのビジネスマンはこんなところでランチするんだー。
優雅だなぁ。
2009040703.jpg
ランチの創作寿司は、トマト使ったり、タクワン使ったりと
確かにどれも食べた事ない個性的なお寿司たちでした。
ひとつひとつに味がしっかりとついてて、お酒も進みそうな感じ。
とってもおいしかったし、おもしろかった。
2009040704.jpg
ちなみにこっちはデリで見かけた寿司たち。
ニューヨークの人も寿司よく食べるんだなー。

ランチの後、5番街を少しブラブラ。
行列している店があったので、何かと思ったらアバクロンビーだった。
どうやら入場規制をしているらしい。

試しに私たちもちょっと並んでみた。
入り口から入ると、待ち構えていたのは上半身裸のイケメン風お兄さん。
村上春樹風に、やれやれ、とでもつぶやきたくなった。

せっかく入ったけど、残念ながら何も購入できず。
どうしても今、軽やかな春服を買う気が全く起きないのだ。
だって、ニューヨークとっても寒いんだもの!
おとといまでカリブ海で日焼けしていた私たちには
春というより冬に感じるのだ。

ニューヨークは州税が9%近く、アメリカで一番高いのだが、
110ドル以下の衣料品や靴などは無税らしい。
だったら買い物しなきゃ損のような気がするものの、荷物になるしなぁ。

ハワイまで行けば州税4%になるのだから、もうちょっと待つのが懸命かもしれない。


時間が来たのでインザハイツのラッシュに向かう。
昨日、ネットで登場人物やあらすじをチェックして予習も万端である。
2009040702.jpg
今日は間に合った!と思いきや、誰もいない。
あれ、今日はお芝居ない日だったっけ!
ついでなので窓口でチケット状況を聞いてみると、
今週来週は全席ソールドアウトとのこと。
そうなんだ!予想外。

しかし今日のところはターゲットを変えて
一本隣道にシアターがあるアベニューQのラッシュに挑戦する事にした。

以前はラッシュというと先着順だったらしく、その名残か
劇場入り口にはラッシュチケットはこちら、と並ぶスペースが用意されていた。

今は抽選が多いみたいで、ロトリーチケットとも言うみたいだ。
とりあえずそこに並んでいると、係の人が現れて紙を配り始めた。

これに名前と希望チケット数(2枚までOK)などを書いてボックスに投入する。
ってことは、ふたりのうちどちらか一人が当たればいいのだ。

相方は当たっちゃうかも、と言ってるけど
確かにこの人なら当たるような気がする。

そしたら私はラッキーだ。私自信は全く当たる気がしないのだから。


決して列の最初に並んだ方が有利とかいうのではなくて、
もっというと別に並ばなくても時間内に会場に来れば
誰でも記入用紙をもらえて抽選に応募できるようだ。

30分後に抽選するから必ず戻って来てねと念をおされ、解散。
2009040705.jpg
暇だけどとっても寒いのでコーヒーを飲みながら待つ。
2009040706.jpg
暇なので劇場前で記念撮影。

さて、時間となり、バラけていた人たちが皆戻ってきた。
全部で50人ぐらいいる。

スタッフの人が抽選券が入ったボックスをかかげると、
みな期待に胸をふくらませて注目する。

結構ドキドキするなぁ。
ひとつひとつ、ボックスから紙を取り出して名前を読み出すのだけど
意外と名前を発音するのに苦戦している。
外国から来ている人が当たってるのかも。
いけるかもしれない!と根拠のない自信。

すると、案の定、呼ばれた!
相方の名前が、つっかえながら発音されている!

すっごいなー。かなり嬉しい。
こうしてひとり22ドルでチケットをゲットすることができた。


お芝居が始まるまで2時間あるので、
エンパイアステートビルにいってみることにした。
地下鉄で数駅の歩いていけるぐらいの距離だから余裕で戻ってこれるだろう。
2009040707.jpg
と思ったのは甘く、エレベーターへと続く行列は半端ではなかった。

それでも諦めず、並ぶこと30分。
いや、1時間。
いや、気がつけば1時間半。

エレベーターで80階に着いたときには、
もうこのまま下に降りなくては開演時間に間に合わない時間になってしまった。
2009040708.jpg
2分ぐらいでチラッと見た夜景。
2009040709.jpg
それでもやっぱり、すごい眺め。来てよかった。


ダッシュでタイムズスクエアに戻る。
出演者が遅刻でもして押しててくれればいいのになーなどと思いつつ。

しかしそう都合よく行くはずも無く、
劇場に着いたときには既に15分ほど開演時間をすぎていていた。

私たちのチケットはラッシュチケットで最前列だったため、
上演後に席に着く事を許されなかった。
普通にチケット買ってる人は、遅れても席についているのに…。

抗議したけど諭された。まぁしょうがない。
どう考えても時間どおりに来なかった方が悪い。
1幕は立って見なさいと言われたので、一番後ろでこっそり見る。

結構小さな劇場だったので、1幕を後ろで見れたのは
全体が見れて意外とよかったことに後で気がついた。


さて、アベニューQの内容はまったく予習してこなかったんだけど、
けっこう楽しく見る事ができた。

なにより、客席の反応がすごい。
みんな大笑い&クスクス笑いの連発。
相当、アメリカ人のツボらしい。

普通にどの音楽も楽しくて、役者さんが芸達者(というのも失礼だけど)。
セサミストリートのアダルト版と言われたりしているようで、
確かにパペットと人間の競演なのだけど
そのパペットを動かす人間がしっかりと見えて演技していることで
だんだんとパペットが意思を持っているような、
人間とシンクロしてそういう生き物のように見えてきちゃうのが不思議。

しかも、ひとり二体のパペットを巧みに使い分けたりもして。

ただ英語がよく分からないところがあって、予習しとけばなーと悔しくなった。

クリスマスイブという名前のアジア系の登場人物が
いい味を出しているのだけど、
私たちは最初を見逃したのため、どの国の人という設定なのか
最後まで分からなかった。

それぐらい、アジア人をひっくるめたデフォルメされた設定で、
もしかしたら気分を害す人もいるかもしれないなーと思った。

おそらく桜のペンダントをしてるから日本人かなーと想像しつつ
彼女の英語なまりやキャラクターを笑ってみる事ができたけれども。

それは、アジア系だけじゃなく、
ゲイ、黒人、ユダヤ人などを引き合いに出してあっけらかんと
「だれでもちょっと差別主義者」と高らかに歌ったりしてるからかも。


2幕になって、やっと席に座れると思って移動すると、
なんと舞台が本当に目の前でびっくり!
役者さんの汗が飛んでくるくらいの距離だった。

エンパイアステートビルが出てきて、
さっきあそこから急いで帰ってきたんだよなと思ったり、
アメリカの若者も、大学卒業して自分が分からなくなったり
学生に戻りたいなんて考えたりするんだなと思ったり
幸せって自分以外の人を想定して初めて生まれる発想なのかもと思ったり。

後で買ったサントラCDを聞いていたら
よく分からなかった部分が理解できて、この作品がますます好きになった。

そしてあのアジア系は、やっぱり日本人という設定だった。

↑2004年のトニー賞でのエキシビジョン

2009040710.jpg
夕食は吉野屋。さすが、派手な看板である。
2009040711.jpg
みそ汁じゃなくてクラムチャウダー。

楽しい誕生日でした!
【2009/04/07 21:51】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミューヨーク4日目。
今泊まっているロングアイランドシティの宿は
部屋もなかなか広く、清潔。ベッドはキングサイズだし。

地下鉄でマンハッタンへ出るのも思った程遠くなかった。
駅近なので治安もそんなに気にならないし。

だから不満は全くないのだけど、
あらかじめ次の宿を確保していたので移動することにする。

というのも、以前からニューヨークでは
暮らしているような滞在をしてみたいなぁと思っていたので
マンハッタンの中でアパートの部屋を週借りできるようなところを
探していたのだった。

移動先は
●チェルシー29
いわゆるアポートメントホテルで、部屋はキッチン付きのワンルーム。
トイレシャワー共同。
1週間未満 1泊$88。
2009040801.jpg
外観はこんな。なんだかニューヨークって感じがする♪

中は本当にアパートって感じで、
螺旋階段を囲うように部屋が7~8個並んでる。5階建て。

しかしエレベーターがないもんで、急な階段を上るのがとにかくキツい。
スーツケースじゃなくてよかった・・・。
2009040802.jpg
部屋の中。狭い空間と、小さなキッチンに、小さな窓。
なんだか東京で一人暮らししてる大学生の家みたいで妙に落ち着くなぁ。
トイレとシャワー共用なのが憂鬱だけども。

なんとこの部屋で、昨日までのホテルと値段がほとんど同じ!なのだ。
マンハッタンの中だとこのレベルになっちゃうんだなー。

あぁバスタブ付きバスルームよ!ドライヤーよ!
朝食よ!毎日の無料コーヒーサービスよ!さらば。

まぁでも、こういうところで暮らして夢を追ってるニューヨーカーに思いを馳せる私。

だけど旅行で来るならホテルに泊まった方がいいな。

自炊するためにキッチン付きがいいと思っていたのだけど
食材もそんなに安いわけではないし、
もう旅行も残りわずかということもあって
デリやファストフードでしのいでもよいような気分になってきてる私たちであった。


部屋から歩いていけるところに、マディソンスクエアガーデンがある。
ここはNBAのニューヨークニックスのホームらしい。

相方が、ニックスの試合が見たいそうなので
チケット売り場へ行ってみるも、今シーズンは売り切れと言われてしまった。
2009040806.jpg
外に出ると、薄汚い格好をした人が
ニックスのチケットあるよ、と声をかけてきた。
そっか、ダフ屋で買えるんだ。


その後、ぶらぶら。
2009040803.jpg
市立図書館。いいなーここ。

入り口に佇む2頭の獅子像を見た時、
おぉ!見た事ある(映画のなかで)ぞ!と思い出した。
ついこの間、飛行機の中で見た「sex and the city」で
結婚式をするはずだった図書館ではないか。


この図書館の近くにブックオフがあった。
中古の文庫本がずらり。旅の中盤だったらすごく嬉しかったけど
もう残りわずかだし、手元にまだ数冊読んでいない文庫もあるので購入せず。
2009040804.jpg
テクテクとグランドセントラル駅へ。

駅に来たのは、オイスターバーが目当て
だったのだけど、勇気が出ずに(色んな意味で)入ることができなかった。。。

クラムチャウダーだけテイクアウト。

というのも、私はこれまで何度か牡蠣で食あたりになっているほど
生ガキが好きなのだ。危険を冒しても食べたいときがある。
だけど、今ここで食あたりになるのはいただけない。

なんといっても、2週間後には挙式をするのだ。
それまであと3回ほど飛行機移動が残っているのだから。

だったらなんでわざわざ来たんだろう。と自答自問。
駅の半地下?には、ちょっとしたデリがあったりして
テーブルセットも用意されていて自由に使えるようになっていたので
そこでクラムチャウダーをすすった。

スペースはいっぱいあるのに不自然に椅子が少ない。
もうちょっとベンチを増やしてくれればいのになー。

でもそうしたらホームレスの人が陣取ってしまったりするのかな
とか東京の新宿駅で段ボールハウスを取り締まったときの事を思い出したりした。


駅から国連本部まで数ブロックなので歩いていこうと思っていたのだけど、
時間が来たので諦めてタイムズスクエアへ。

今日また「in the height」のラッシュに挑戦するのだ。
2009040805.jpg
当選者が読み上げられる。

二日連続で当たったら相当ミラクルだけど・・・
結果はハズレ。そりゃそうだ。


帰りにスーパーで肉や野菜を買い、
部屋で白いご飯を炊いてハンバーグ定食の夕食。

近くの部屋のテレビの音や話し声がかなりクリアに聞こえてきたけど
幸いなことに寒くなかったのでよく眠れた。
【2009/04/08 12:33】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニューヨーク5日目 自由の女神など
気がつけば、ニューヨークももう5日目。
その割にはあまり観光していないことに気がついた。

自由の女神もまだ見てないし!

ということで、今日はマンハッタンの南側をせめてみることにした。

まずは、地下鉄に乗り南へと下る。
途中でワールドトレードセンターのあったあたりを通るのだけど
電車は地下をすっ飛ばしていく。

テロから8年経ってもまだ駅は閉鎖されているんだな。

目指すサウスフェリー駅で降りてフェリー乗り場へ向かう。
ここから、自由の女神がいるエリス島へ行くフェリーが出ているらしい。

だけど、私たちが乗ろうとしているのはそれではない。

テロ以降、自由の女神のあの頭の部分まで上れなくなっているらしいので
高いお金を払って近くまで行ってもなぁと思っていたところ、
いいのがあったのだ!

それは、スタテン島へのフェリー。
これに乗っても自由の女神が見られるという。
しかも、地元住民が通勤で使う路線のため乗船料がタダ!
2009040902.jpg
ということで、スタテン島へのフェリー乗り場。
どう見ても観光客と思われる人たちでいっぱいである。

当然、船に乗り込むと席争奪戦になるわけだけど
何も考えずに座ってしまったところ大失敗であった。

普通に地図を見てれば分かる事なんですが
自由の女神は進行方向右側に現れるはず。

なのに、私たちは左サイドの窓際に座って
ブルックリンブリッジが見える、とか思いながら
(人も少ないし)のんびりーと景色を眺めていたのだった。
2009040903.jpg
ふと気がつくと船の右サイドには人山ができていて、
黒山のすきまから、ブロンズのあの有名な彼女の体が迫ってきているのが
遠くから確認できたもんで、あぁ、あっち側だったのね、とようやく気がついたのだった。

あまりに人が多いので、帰りに見ればいいかなと思ってスルー。
スタテン島に到着したけど、特にこれといって目的があるわけではないので
乗ってきたフェリーに再び乗ることに。

帰りは、進行方向左側。
2009040904.jpg
だけど行きと少しコースが違うのか自由の女神が遠い。。。
ずいぶん小さいな。。。

まぁでも、船で自由の女神が見れてよかった。

かつてNYにやってきた移民気持ちに、少しだけ沿わせてみる。
2009040905.jpg
そしてマンハッタンに戻ってきた。


そのままグランドゼロへ。
基礎部分を工事していると思われる。
2009040901.jpg
8年前のあの時、太平洋の向こう側で
仕事を終えた私は、一人暮らしをしていた部屋に帰ってきたところだった。
いつものように何気なくテレビをつけ、着替えかなんかをしながら
何だか大変なことが起こっていることにようやく気がついた。
テレビに映る映像は本当にショッキングだった。
これから戦争が始まるのかも、とひとりで不安な気持ちになった夜を覚えている。


グランドゼロの近くにある「センチュリー21」という店に入ってみたら、
たくさんの人でにぎわっていた。

ここは割と有名なアウトレットショップらしく、
格好良さげに働くニューヨーカーたちも
こんな店でブランド品の値下げものを買ったりしてるのかも
と思うと妙に親近感が湧いてしまう。

それぐらい安い。ブランドも多くて掘り出し物がありそうな感じ。
相方がかなりハマって思いのほか長居してしまった。

それからブラブラと、ウォール街の方へと向かう。
2009040906.jpg
ニューヨーク証券取引所

広場に屋台が数件並んでいて、東京の丸の内のランチ時を思い出す。
ビジネスマン達も屋台フードをつまんだりするのかなーと思いつつ見てみると
ケバブ系とかアジアなものばっかりだった。

ニューヨークの屋台っていったらホットドックだと思ってたけど
案外見かけないもんなんだな。
お昼にホットドックっていうのも寂しい気もするけれど。


それから、地下鉄で2個目のキャナルストリートへ。
2009040907.jpg
チャイナタウンをうろうろ歩いて
中華系の人たちはたくましいなーとまた感心。

だって、ここはアメリカなのに、
自国企業のマクドナルドやバーガーキングが看板に
なんと中国語表記を入れているのだ。

メニューがとかそういうレベルじゃなくて、
表の看板に、中国語で「麦当劳」「漢堡王」って書いてある。

これって例えば、日本で日本企業のユニクロかなんかの支店が
コリアンタウンの新大久保なんかにあったとして、
看板にユニクロって意味のハングルを入れたりするでしょうか?
たぶんない。

中華街だったらどうだろう。
あるかな?観光地の景観を守るため義務づけられるっていう可能性もあるか。

2009040908.jpg
こちらは隣接するリトルイタリー。
たまたま数ヶ月前、この場所が出て来る小説を読んでいたから
もっと危険そうな場所のような気がしてたのだけれど
イタリアン料理屋が並んでいるだけな雰囲気である。

消防用の管がトリコロールカラーに塗られていたり、
なんだかがんばってはいるようなのだけど
チャイナタウンの勢いに負けてしまっているのだった。

もうちょっと色々回りたかったけど疲れてしまったので
今日はミュージカル観覧もあきらめて、
宿のあるチェルシーに戻る事にした。

その前に、チェルシーマーケットをちらっとのぞく。
2009040909.jpg
かわいいカップケーキ。

今週末はイースターだって。
イースターといえばキリスト教の復活祭だったような・・。

2月以降、私たちが南米でずっと遭遇してきたカーニバルは
この復活祭から逆算した日にちに行われる謝肉祭だったんだよなぁ。

ということは、いまごろ南米でもウサギとかタマゴとかが溢れているんでしょうか。

イースターってどんなものなんだろう。
ニューヨークではパレードがあったりするらしい。
そのころ我々はシカゴだけども。
知ってたら合わせたのにな。
【2009/04/09 23:07】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニューヨーク最終日、うろうろ。
あっという間にニューヨークでの6日が経ってしまった。

来る前にはナイアガラの滝まで足を伸ばそうと思ってたけど
それどころかマンハッタン内部の観光もしきれていない。

なんていっても大都会なので
観光しなくてもいくらでもいられてしまうのだ。

今日はまず地下鉄でハーレムへ。
日曜が絡んでいたら教会のゴスペルを聞いてみたいものなんだけども。

125ST.駅のあたりを歩いてみる。
本当に黒人の人ばっかりだなぁ。ドキドキ。

来てはみたけど、これといって目的があったわけでもなく、
再び地下鉄に乗って引き返す。

少しイーストビレッジを散策してみたいと思っている。
2009041001.jpg
下車したユニオンスクエアでは市場が出ていた。
野菜とか、小麦粉とか、はちみつとか、自然食や農家の直売所という感じ。
こういう市場が東京の真ん中にもあったらいいのに。

ユニオンスクエアの北東の方にはリトルジャパンがあるみたいなので
そっちに向かって歩いてみる。

すると、そんな雰囲気の路地があった。日本語の看板発見。
昨日の中華街に比べると本当に小さなエリアなのだが。
2009041002.jpg
桜のような木が道に沿って植えられていて嬉しくなる。
ここで見れたな、桜。
なんかちょっと白っぽいけれども。

リトルジャパン周りにはリトルウクライナがあるらしい。
地図で見るとウクライナ教会っていうのが見つかる。

だけどぶらっと歩いただけではどこがウクライナなのかさっぱり分からなかった。
ウクライナ料理屋さんらしきものぐらい。

さらにその南側にはリトルインディアということなのでその辺も歩いてみた。
確かにいくつかインド料理屋があり、その中の一軒でランチ。

ウエイターのお兄さんはインド系でイケメンだった。
しかし残念ながら、ここでの食事にはがっかり。

となりのテーブルでは、インドに行った事があるらしい白人の青年が
同席するお友達にインド料理のうんちくを足れているのが聞こえてきたのだけど
ここで初めてインド料理を食べるお友達は可哀想だなと思ってしまった。

と、ふと自分のことを思い返してみた。
私だって初めてインド料理を食べたのは東京なのだ。
人の事いえない。っていっても、いつも美味しく食べてたけどなー。

ニューヨークのインド料理屋よりも
東京のインド料理屋の方がレベルが上なんじゃないだろうか。
1件しか知らないで言うのもなんだけどさ。

そりゃNYに比べたら日本のほうが距離的にはずっとインドに近い。
当たり前といえば当たり前か。

だけどもインドはイギリス支配下だったこともあるし
そう考えるとイギリス人が作ったアメリカと
インドはそう遠くない関係である気がするのだけれども。

まぁ私が日本人だから日本の食材で作られるインド料理を
おいしいと思うのは当然なのかもしれないな。


さて食事を終え、さらに東へと歩く。
すると、きた!!!アベニューAだ!

ニューヨークで見たいと思ってたミュージカル「RENT」を見る事はできなかったけど
せっかくなのでその舞台にはちょっと行ってみたいと思っていたのだ。

そしてここ。
ABCと続くイーストビレッジのアルファベットアベニュー周辺は
90年代のRENTの時代には
麻薬やエイズがはびこる危険地帯だったのかもしれないけど
今はどっちかというとおしゃれエリア的な感じがする。
やたらと美容院が多かった。

そういえば、この間みた「アベニューQ」も
このアルファベットアベニューの中のどこかという架空の設定だったんだよなぁ。
2009041003.jpg
RENTの中に出てくるライフカフェ!
頭の中でラビボエーム。

とりあえず満足した。どうもありがとう。

これから先は相方と別行動することに。
相方は、グッケンハイム美術館とMOMAに行くという。
今日は金曜日なので、MOMAは16時からなんと入場無料になるのだ。

私はといえば、NY最終日だしやっぱりもう1本ぐらい
ミュージカルみたいなーと思い、チケッツに行ってみる。
2009041007.jpg
しかし、すごく長い列を見て気分が萎える。
電光掲示板を見てもあまり気がそそられなかったので
懲りずにインザハイツのラッシュに再挑戦してみることにした。

のだけれど、やっぱりはずれ。

しょうがないので、MOMAに行くことにした。
私だって美術館は好きなのである。
2009041005.jpg
なんとMOMAの周りには建物を1周ぐるりととりかこむように
人の列ができていた。
無料の日だからなぁしょうがない。

30分ぐらい待って、中に入る。
本当にタダだった!展示もなかなか楽しかった。
外国ではずいぶんこの無料時間帯を活用して楽しませてもらってきたけど
日本でもそういうことしてるのかな?
後で調べてみよう。
2009041006.jpg


部屋で夕食を作り、NY最終日が終了。
また来たいなーNY。

お天気の良い日に半日ぐらいセントラルパークを歩いてみたりもしたかったし
やり残し感たっぷり、なのである。
【2009/04/10 09:12】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シカゴでNBA観戦★
本日はニューヨークからシカゴへと向かいます。

朝、地下鉄とエアトレインを乗り継いでJFケネディ空港へ。
空港が近くていいなぁ。東京も羽田がまた国際空港になったりしないかな。
11時半のAAで約2時間。
機内食がでない飛行機に乗るのはつまらないものである。

地下鉄で中心地へと向かう。
2009041101.jpg
うぁ、かっこいいホーム!

シカゴのホテルはあらかじめ予約済み。
Comfort Inn & Suites Downtown Chicago
トイレバス付き、朝食つきネット割引で80ドルぐらい。

さてさて、シカゴ。

実は、これまで幾度となくお世話になってきた
ハンバーガーチェーンのマクドナルドって
シカゴ発祥なのである!って知ってますか?

私はつい最近まで知らなかった。
そしてその第一号店が、いまチェックインしたばかりのホテルから
数ブロックのところにあるのだ。

よし行こう!お礼参りだ!!
2009041102.jpg
おーここか!カシャカシャ(しきりに写真を撮る音)
とにわかに興奮していたのですが、
厳密には、というか正直このお店が1号店ではなかったのです。

マクドナルドの歴史については
こちらの公式ページで興味ある方はどうぞ(マクドナルドミュージアム

どうやらざっくり紹介すると、
1937年にマクドナルド兄弟が「カリフォルニア州パサデナの東」
で起こした超スピード提供の飲食店がそもそもの始まり。

この人気店を、後にとある実業家が買収(?)し、
フランチャイズという形で新生マクドナルドがスタートした。

で、1955年に創業した第一号店「デスプレーンズ店」がモデルショップとされていて
このデスプレーンズ店というのがシカゴの郊外にあったらしい。

なんか、後で調べたところによるとそちらはミュージアムになっているようだ。
ちょっと行ってみたかったかも。


ということになると、じゃぁこのダウンタウンにあるお店はなんなの?
どうやら第一号店の外観を模して創業50周年に作られた記念店らしい。
ふーん。そうなんだ。あんまりありがたみがないなぁ。
2009041103.jpg
2階にはちょっとした展示スペースがあった。
なかなか面白い。
ドナルドじゃなくて最初は違うキャラクターがいたんだなぁ。
2009041104.jpg
ダブルフィレオフィッシュ大好き。
クオーターパンダーもうまい。
日本にもあるといいのに。

とはいえ基本的なハンバーガーの味は世界中どこで食べても一緒。
店の内装も雰囲気もほとんど一緒。
っていう事実がマクドナルドの本当にすごいところだと思う!
2009041106.jpg
世界中のマックでドナルドと会ってきたけど、
実は意外と顔がそれぞれ違うんだよなー。

ここにいるのが本当のドナルドの顔なのかしらん。


マックを堪能した後は、観光案内所へ。
ニューヨークではスポーツ観戦できなかったから、
シカゴで野球とNBAを見たいのだ!

観光案内所の中にチケット屋があったので
そこで予定を調べていると、
なんとRENTの文字を発見してしまったではないか!
ニューヨークでみれなかったRENT。

昨年ブロードウェイで閉幕した後、
オリジナルキャストの2名を含むブロードウェイツアーとして
全米を回っているらしいのだけど、
なんとそれが、明日までシカゴにいるのだ!

おーなんてすごいタイミング!

明日は野球を見に行くつもりだったけど、、、、
即決。チケット購入。
相方はそのまま野球に行く予定である。

それから、今夜のシカゴブルズのチケットをゲット。

本拠地のユナイテッドセンターへバスで向かった。
バスに乗り込むと、観戦モードの人たちが沢山いて安心する。
2009041107.jpg
競技場の前に、マイケルジョーダンの銅像があったので
2009041108.jpg
ディフェンスしてる気分を楽しむ相方。

ワクワクしながら中に入ったものの、
どこに座ればいいのかさっぱり分からない。
一番安い席だし上の方なのは確かなんだけど、聞いてもよくわからずかなりさまよう。
041301.jpg
ふと窓の外を見ると、シカゴの街がきれいに光っていた。
2009041109.jpg
バスケの選手って大きいんだなぁ。
2009041110.jpg
でかすぎ。

よくわからないまま、もしかしたらこれは立ち見のチケットとかで
開いてる席に座っていいのかなーという結論に達し
誰か人がこないかびくびくしながら適当に着席。

そして花火とともに試合が始まった。
2009041112.jpg
選手入場とかもすごくかっこいい!
2009041113.jpg
試合も楽しいけど、タイムの間に行われる
イベントが妙におもしろくて盛り上がった。
マックやダンキンドーナツなどの企業が協賛していて
ブルズが勝ったらハンバーガー無料などのクーポンもあったりして。

めでたくブルズは勝利。おもしろかったなー。
だけど帰りのバスで降りる場所を間違えてしまい、
夜のダウンタウンを40分ぐらいさまよいながら歩いて帰った。
遠かった。。。


2009041105.jpg
昼にスポーツショップを覗いたときに見かけたカブスのユニフォーム。
明後日の開幕戦を見に行く予定。楽しみだな。
【2009/04/11 14:52】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シカゴでRENT観劇
昨晩はとっても寒かった。
シカゴはウィンディシティとも呼ばれているらしく
風が強いのは有名みたいだ。

日が落ちるとびゅうびゅうと冷たい風が吹いてくるのがつらい。

うってかわって今日はとっても天気がよく日向はぽかぽかしている。

で、相方はホワイトソックスの試合を見に行った。

気持ち良さそうだなー。
2009041205.jpg
で、試合の後に建築を見に行ったらしい。


私はといえば、オリエンタルシアターで棚ぼたのRENT観劇。
2009041206.jpg
この劇場ではありません。

2009041202.jpg
さてさて、今回のRENTツアーには特徴があって、
それはマークとロジャー役がオフブロードウェイからのオリジナルキャストということ!
2009041203.jpg
それがアダムパスカルと、アンソニーラップ。
映画版にも出てるふたり(DVD持ってるし)。
嬉しいなぁ。ワクワク。

2階席バルコニーの安いチケットだったから
一部見にくいところがあったけど、非常に満足。
生Seasons of Loveに感動。
ストーリーも歌も知ってるのにやっぱり泣けた。
コリンズのI'll Cover Youリプライズ がすごく切なかった。
日本人の小さな女の子がひとりがんばっていたな。
やっぱり舞台いいー。

だけど改めて、映画版の方も良く出来てるなぁと感心した。
映画版はストーリーの必要最小限の要素だけをうまく残して
テンポのいい楽曲アレンジが映像にぴったりはまってるし。
帰ったらまたDVD見よう。

↑映画版のSeasons of Love


そういえば今日はイースターだ。
といって、何をするわけでもないのだけど。
2009041204.jpg
なんだか街はガランとしてた。
【2009/04/12 00:54】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ずぶぬれのカブスファン
今月頭から開幕したメジャーリーグですが
ここシカゴにホームがあるカブスでは
本日がホームでの開幕戦となるようです。

じゃぁぜひとも福留選手を応援しに行こうじゃないか!
と相方はやるきまんまん。

私は野球には日本人女性の平均並みの興味しかないので
メジャーリーグのチーム名なんて、ほとんど知らないとおんなじ。

でも昨日、スポーツ用品店でカブスのグッズをみてたら
ロゴマークのベアがとってもかわいかったので応援したくなったのでした。

どうやらカブスで活躍している福留選手というのは
我々と同年代らしく、
野球少年だった相方にいたっては出身地も近く、
練習試合をした事があるとかないとかで身近に感じているらしい。

それにしても、アメリカ人ってスポーツ好きだなー。
NYには町中でもヤンキースとかレッドソックスのキャップをかぶった
おじさんやお兄さんがうろうろしていたけど、
シカゴにきたらちゃんとカブスとかホワイトソックスのキャップかぶってるし。

ファッションなんだねー。


まぁそんなわけで、今日はシカゴカブスの試合を見に行くつもりなのだけど
あいにくの、雨。試合やるんだろうか。

相方はその前に見たい建築があるといって朝早くにホテルを出て行ったので
私は部屋でのんびりしつつ天気予報なんかを見ていたけど
時間がきたのでとりあえず球場に行って見ることにした。

傘をさして地下鉄駅に向かう。
列車にはカブスキャップをかぶったファンが少しずつ乗り込んでくるから
雨でも試合あるのかもな、と頼もしく思ってはいたのだけれど
いざ駅から降りると、とても冷たく大粒の雨が降っている。
ちょっとやだなーこれ。

球場前にはカブスッ子がたくさん。
カブスのロゴやっぱりかわいい。
私もジャンバー欲しいな、っていうぐらい寒いんだけど。。。

まずは、相方が来る前にチケットを買ってしまおうかと
肩をすぼませながら小走りで窓口に行ってみた。
当日でも全然買えそうな感じだったのだけど
ちょうど相方から遅れるという連絡が入ったので買うのを躊躇する。
だって、尋常でなく寒いんだもん。

これ、本当に今日ゲームやるのかなぁ。。。

とりあえず雨宿りも兼ねて球場の目の前にあるマックに行くと、
スタッフの人たちがみんなカブスのユニホームを着ていた!

背番号1番のビックマックだって。おもしろいなー。
カブスのロゴとマックのロゴが入ってるこのキャップ欲しい。

カブスファンのたまり場と化したマックで相方が来るのを待つ。
ちょっと身が狭い。

しばらくして相方が登場したけど、
本当に寒いし、まだまだ雨は降っているし、
吹きさらしの野球場でゲームを見る気には到底なれなかったので
チケットを買うのをあきらめた。


ホテルに戻って、テレビで試合を見る。
やってるよ、この雨の中。でも観客はみんなとても寒そう。
熱狂的なファンじゃないと、こんな日にあそこで見れないなー。

試合を見ていたつもりが、いつの間にか眠ってしまった。

相方は、夜にも建築を見に行った。熱心だなぁ。
確かにシカゴのビルはとてもかっちょいい。

寒いと思ったら雪が降ってきたよ!
【2009/04/13 10:59】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
一気に西海岸サンフランシスコ
朝10時前の飛行機でサンフランシスコへと飛んだ。

シカゴの空港にて。

東京が立候補している2016年のオリンピック、
シカゴも候補地だったんだなぁ。初めて知った。

サンフランシスコまではさすがに4時間半ぐらいかかった。
フライトはお昼をまたぐけれども
アメリカン航空は機内食が出ないのでマフィンを持参。
本当につまんない。

到着すると、2時間時差があるため時計を巻き戻した。
広いなアメリカも。
一気に飛んでしまってなんだかもったいない気もする。

だけど気持ちははやるのだ、早くハワイへ!と。

っていうか、シカゴもNYも思ったより寒かったから
一刻も早くあったかい所へ行きたいだけ!!!

4月頭の微妙なこの時期、
西海岸まで来ればだいぶ温かいのかなと思っていたのだけれど
已然として風は冷たく、アメリカの春はもうちょとという感じである。


空港から列車に乗って中心地へ到着。
ホテルはユニオンストリートの近くにある安めのところを予約したので
ここからバスでそこまで行かなきゃならない。

といっても、どこからどのバスに乗ればいいのか全くわからないので
観光案内所でルートマップやなんかをもらって
なんとかバスに乗り込んだ。

次第に車内は中華系の人でぎゅうぎゅうになっていく
と思ったら、窓の外には中国語の看板が流れ
あきらかにチャイナタウンであった。

サンフランシスコのチャイナタウンっていったら有名だ。
人がいっぱいいてすごく活気がありそう。

チャイナタウンが終わると、イタリア料理屋が目立つ所を通った。
NYもチャイナタウンとリトルイタリーが隣接してたけど
サンフランシスコもそうなのかな。

いつのまにか中華系の人たちでぎゅうぎゅうだった車内も
余裕ができてきて、バスは坂道を上ったり降りたりしだす。

すごいなーサンフランシスコじゃ絶対自転車乗りたくない。

サンフランシスコの宿は
●HELITAGEMARINA
トイレバス付きネット予約で39ドル。
コーヒー、ジュースにシリアルという簡単なものだったけど一応朝食付。


何に疲れたのか知らないけど、
気がついたらベッドで寝ていて19時になってしまっていた。

でもまだ外が明るいし、地図でみると1キロぐらいだったので
歩いてフィッシャーマンズワーフまで行ってみる事にした。
2009041403.jpg
海辺に出た頃には夕日が落ちるところであった。
この海は、おなじみの太平洋である。
(厳密にはサンフランシスコは湾になってるから
ゴールデンゲートブリッジの向こう側が太平洋なのだけども)

3日前にはNYから大西洋を見ていたのに。
早いもんだ。この海の向こうはもう日本なんだな。

その間にハワイがあって。
2009041402.jpg
海老がおいしそうな屋台が並んでいたので
パンに入ったクラムチャウダーと、海老サンドを食べる。

このパンがなんか酸っぱくてあまりおいしくないなーと思っていたら
どうやらサワーブレッドというらしい。

てっきり屋台だからパンが古くなって腐りかけてるのかと思った。。。
【2009/04/14 14:00】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンフランシスコ観光。
そういえば昨日、フィッシャーマンズワーフまで行ったのに
日が沈んでいたからかアルカトラズのことをすっかり忘れていた。

なので今日もまた、まず港のあたりへ。
2009041502.jpg
ピア39あたりからみるアルカトラズは、思ったよりも陸に近くて
簡単に泳いで脱走できちゃいそうだけどなぁという感じ。
でも確かあのあたり潮の流れが急とかだったような。

見た目だけだと20世紀少年の海ほたる刑務所の方が
ずっと脱走難しそうなのになどと思ったりして。
マンガと現実は比べられませんが。

アルカトラズ島に行くツアーもあって、
サンフランシスコだけに観光に来てたら行きたいと思ったかもしれない。


さて、次はどうしよう。
とりあえずは有名都市での我々の恒例行事となっている、、、
JCBプラザにでも行くか、ということで。

やってきたのはやっぱり中心地。
ユニオンスクエア真ん前という超一等地にありました。
なにもこんないい場所になくてもいいのに、といつも思う。

レストランとかの観光情報を教えてもらい、
コーヒー片手に旅行雑誌をぱらぱらめくりながら
どこに行こうか考えていたら
日本語のフリーペーパーが目に入った。
2009041504.jpg
どうやらこの土日に日本街で桜祭りをやるらしい。
ってことは、日本街に行ったら桜が見えるかも?

どんだけ桜が好きなんだという話ですが、
去年も今年も、春には外国にいて桜が見れていないので
なんとなく寂しいのだ。


とりあえず、歩いていけるチャイナタウンを見てから。
2009041505.jpg
たくさんの人は、中華系の顔をした買い物客がほとんど。
両手にビニール袋をいっぱいぶらさげてさっさか歩いている。
なんかすごいな。本当パワフル。

おいしそうな総菜屋がちらほら。
やりとりをよく聞いてると中国語だか英語だかよくわからない。
蒸しもの屋みたいなところでしゅうまいを買ってその場で食べてみたら
中国の味がしておいしかった。

ユニオンスクエア近くに戻り、
2か3か4のバスでジャパンタウンへ。

サンフランシスコのMUNIというバスは
メトロも含めて2時間以内ならトランスファーが可能らしい。
チケットを大事に握り締める。

2009041506.jpg
日本語の標識発見。

それらしきところでバスを降りると、
最初に見かけたお店は韓国料理屋であった。
実際、ハングルのお店は増えているらしい。
やっぱり日本人の集まるところは韓国人も集まるよねぇ。

中心にはジャパンセンターというのがあって、
その中には紀伊国屋書店、日本食屋、スーパーなどがあった。

日本食屋ののれん街には少し興奮したけど、なんとなく作られた感があって
残念ながら全体的にこのエリアはそんなに賑わってる感じはしなかった。
曜日とか時間帯とかあるんだろうけれども。

サンパウロのかつての日本人街のように、
やっぱりそのうち東洋人街になっちゃうのかな。
日本人ってそういう民族なのかもね。
2009041507.jpg
五重の塔のオブジェみたいなのがあって、いちおう桜咲いてた。

スーパーで総菜コーナーを見てたら
どうしてもトンカツ弁当が食べたくなり購入。

もう日本も近いというのに。。。

この辺りはあまり治安がよくないというので
暗くなる前に撤収。

明日はいよいよハワイだ!
あーもう旅が終わってしまう!!
2009041508.jpg
ホテルの部屋からゴールデンゲートブリッジに沈む夕日が見えた。
【2009/04/15 14:53】 | USA再訪(09.4/5〜4/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
目的の地ハワイへ~
いよいよ、1年2ヶ月の私たちの旅を締めくくる
最終目的地のハワイへと足を踏み入れる日がやってまいりました!

あーいよいよこの旅行も終わっちゃうのかーという気持ちに。

でもその前に私たちにはやらねばならない事があるのだ!

さて、サンフランシスコから朝9時の飛行機でホノルルへ。
到着時間は2時間後の11時だけど
時差が3時間あるので実際は5時間のフライトだ。

けっこう遠いんだなー。
日本からだと7時間程度のはず。
なんかあまり変わらない?

だけど今回は、初めてのアメリカ国内線でのハワイインである。
いつもは早朝に到着してクタクタになるから
普通の時間帯に到着できるのが、ただそれだけで嬉しい。
さすがは国内線だなー。


飛行機を降りた後も、いつものWIKIWIKIバスに乗ることなく
そのままダイレクトにターミナルに到着。
入国審査ももちろんないし、なんか、ラク。

空港からはワイキキ方面のシャトルバスに乗ってホテルへ。

ハワイはいつぶりだろう、2年ぶり?
色んな国を回ってきてのハワイ。
今まで大好きだったハワイ。

だけど今回は正直あまり感慨がない。
どうしてだか、あまり気持ちがときめかない。

やっぱり初めての国に降り立ち、中心部へ向かうバスに乗っているときの
ドキドキ感みたいなのって中毒性があるのかもしれない。
私はもうそれがないと旅行を楽しめない体になってしまったのだろうか!?


そんなことを考えている間にワイキキに到着。

ハワイはかなり前から日程が決まっていたため
安いコンドミニアムを押さえておこうと思っていたのだけど
滞在がぎりぎり1週間に満たないのであまりお得じゃなかった。

そんなときにネットで1泊80ドルに値下げしていた宿を見つけたので
1ドル99円とかの時に予約しておいたのだった。

泊まる事にしたそのクヒオ通りのボロいホテルは
普通、こっちで挙式したりハネムーナーの人は絶対に泊まらないランクのところだと思う。

(そう、実は私たち一応、来週こっちで挙式する予定なのだ!)
2009041602.jpg
改めてハワイはホテルが高いなーと思う。
ニューヨークとかマイアミと同じぐらい。
まぁでもしょうがない。

着て分かったけど、実はこの宿、数年前にも泊まったことがあった。
最近AQUA系列に入ったらしく名前が変わってたから気がつかなかった。
以前よりはフロントとか少しさっぱりしていたかな。

さて荷物を置き、お腹がすいたので、近くのL&Lで懐かしのロコモコと再会。
2009041601.jpg
いつ食べてもジャンクでうまいなー。
もうひとつはマヒマヒ。

それからアラモアナをブラブラして、
6日後にせまった結婚式に必要なものを考える。

明後日にはお互いの家族をこっちに呼び寄せてるので
それまでに準備をそろえなくちゃ。
我々はまだ衣装も決まってないのである。

夕食はスーパーでスパム結びとかビールとかポキとか買って適当に部屋で食べた。
なんか実際のところ、いまいちテンションがあがらない。
せっかくのハワイだけど、ワイキキは日本人が多くて
なんだかちょっと旅行気分が冷めてしまった自分がいたりする。

ここから気持ちを切り替えて、
結婚式に向けての準備と、家族の接待で数日を過ごすことになる。
【2009/04/16 14:31】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハワイでダニに喰われるとは。
朝早く起きた。
そして、驚愕する。

腕がぁぁぁ~~!!

やられました。ダニの攻撃。
結構な広範囲で虫食いの跡が。

なんか、めちゃくちゃがっかり。
もうすぐ結婚式なのに。。。今更こんな腕って。。。
しかも私だけ!

心を落ち着かすべく、とりあえず外にでた。
ブラブラと散歩し、ワイキキで朝マック。
2009041701.jpg
安心のスパムごはんである。

ホテルに戻って部屋を変えてもらう。
はぁ~ぁ。安宿だからしょうがない。って言っても
そんな言うほど安くはないってところがなんかモヤモヤする。

気を取り直して、今日はアウトレットへ行くことに。
今日の目標は相方の式の衣装を整えること。

衣装って言っても式はビーチでやる予定だし
相方はシャツとパンツで私は白いワンピースで
お互いサンダルとかでいいかと思っているんだけど
そういうきれい目な服が皆無な私達なのであった。

バスでワイケレへ。
そして割とすんなり目的は達成。
とりあえず相方の準備は揃った!
決断力あるな~

問題は私である。なんかいいワンピースが見つからないな~。


ここでなぜか、「説明かに来てくれたら100ドルあげます」
という言葉にさそわれて、明日ヒルトンに行くことになったのだった。
【2009/04/17 00:13】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒルトンの説明会に行って100ドルもらう
昨日ワイケレにてなりゆきで予約してしまったヒルトンでの説明会。
ホテルまで送迎が来た。
まぁ怪しいものではなさそうだし、時間もあるしと軽い気持ちで出発した。

勧誘の内容は、タイムシェアという観念でコンドミニアムを年に一週間だけ所有するというもの。
結構魅力的な話なんだけど、現実的にはこの旅行で貯金をはたいた私達には手が届くはずがない。
なんか悪いなーと思いながら話を聞いていた。
普通に日本からハネムーンとかで来てたら案外その気になってたかも。
モデルルームとか見て、それなりにおもしろかった。

途中で、なんか自分たちの話とかにちらっとなったとき、
担当のお姉さんが あれ、とか言い出して、
なんと実はその人が、
3日後にせまった我々の結婚式の当日を担当してくれる人であった。

これまでメールでやりとりしていた人とは別なんだけど、びっくり。
なんという偶然。


その後、タクシーでアラモアナまで送ってもらって
もらった100ドルクーポンで相方のサンダルを買いましたとさ。


それから相方と別行動して、私はウロウロと衣装探し。
でもやっぱりいいのないなー。
なんか、リゾートを楽しむ観光客を横目に、ワイキキを早足で突っ切る私。
どうしよう、もう明日は家族がやってくるというのに!


そんな中、なんとか今日決定できたものはこれ!
2009041801.jpg
そう指輪!もちろん、結婚指輪である。

こっちに来てから色々見て考えてたんだけど、
ハワイで結婚するので、指輪もハワイアンにしました。

相方は、NYで「あの有名なティファニーで買ったらいいんじゃない?」
などと言ってくれていたんだけど
5番街の店で実際に見てみたら、
予備知識のなにもない私からすると
結婚指輪用の指輪ってデザインがシンプルすぎて
その時はあんまり欲しいと思えなかったのであった。

まぁ普通にキラキラした婚約指輪ももらえる人は
それでもいいのかもしれないけど。
私達は婚約指輪はいらないかなーと思っているから
なんかシンプルすぎる結婚指輪だと物足りない感じがして。

結局、ハワイアンな柄が彫り込まれた細いデザインで
素材も自分が好きなピングゴールドにしたので(相方はホワイトゴールド)
想定していたよりかな~りお安く、
相方は本当にいいの?と言っていたけど
私は気に入ったし自分たちらしくていいなと思っている。

なんだかウキウキしてきた。
【2009/04/18 00:46】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家族と久々の再会!
今日はお互いの家族が到着する日。

まずうちの両親と弟ふたりが到着。

私はハワイに来る時は、到着したらすぐマッサージを予約してるので
(移動の疲れが取れるし、ウトウトできるし、その後スッキリするし
時差ぼけ対策に一番いい気がしてる)
家族にもそれを進めてて、私が予約を取ってました。

でも飛行機の時間を勘違いしちゃって(汗)、ちょっとロスタイムが。。。
なのでとりあえず、朝ご飯を一緒に食べることに。
ワイキキのチーズバーガーパラダイスに連れて行きました。
2009041901.jpg
うわっ。機内で食べてるはずなのに、朝からこのゴテゴテしさは
さすがにちょっと引くわ。。。
でも弟たちは嬉しそうだったしまぁいいか。

そしてマッサージに送り出す。

その後、相方の両親到着。
ホテルで待ってたんだけどなかなか会えず
どうやら私が余計なことを言ってしまったせいで
初めてのハワイなのに迷ってしまったらしい。激しく後悔。

こちらはチーズケーキファクチリーでランチ。
疲れてるのに込んでて待たしちゃったし申し訳なかったです。

でもとりあえず、みんなに会えてよかった。

今日はいったりきたり。
2009041902.jpg
相方の両親が泊まったシェラトンからの眺め
2009041903.jpg
うちの両親がとまった部屋からの眺め

なんかいいなーリゾートっぽくって。
我々の部屋からはもちろん海は見えません。

明日は家族の顔合わせです。
【2009/04/19 01:56】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハワイ保健局と両家の顔合わせ~
今朝は保健局にマリッジライセンスをもらいにいく日である。
これは、ハワイ州の方法にのっとって結婚式を挙げるために必要な物なのだ。

今回、旅行の最後に外国で結婚式を挙げることにしたため、
せっかくなので現地の方法で結婚したいなーと思っていました。

それまでは結婚のことなんて何も知らなかった。
ハワイにも日本から式を挙げに来る人は多いけれども
それって、あくまでも「挙式」するだけなんだね~。
日本国内の教会で式を挙げるのも同じことなんだけれども。

というのも、日本では役所に婚姻届を出せばそれで婚姻が成立だから
式っていうセレモニーは、あってもなくてもいいものみたい。
だから、挙式の日って形にのこらなくて、婚姻届を出した日が結婚記念日?

私はそれがなんか嫌だったのです。
だって、帰国して役所に行った日って別にそれこそ何も関係ない日だろうし。
どうしても旅行中に挙式をしたっていう日を記念日として形に残したかったのです。

なので、リーガルウエディングができるハワイで挙式することにしたというのもあります。

アメリカでは、っていうかハワイ州では
保健局で結婚許可書(マリッジライセンス)をもらって、
それに神父さんや新郎新婦、保証人のサインをして提出して婚姻となるのだけど
この手続きを踏めば、日本の戸籍上でも、
ハワイ州での婚姻が認められて残るという訳です。

前置きが長くなりましたが、そんな訳で保健局へ。
あらかじめ結婚式を頼んでいた会社から案内の人がやってきて
連れて行ってくれました。
その人というのが、先日ヒルトンで偶然出くわした、あのお姉さんなのでした。
2009042001.jpg
車を留める所がなかったり、迷ったりして
同じ所をグルグルと車を運転し続けるので大丈夫かしらと不安になったけど
なんとかたどり着いて
書類の書き方もお姉さんが教えてくれて、無事提出&ゲット。

お昼は両親の顔合わせということにしていたので
間に合うかヒヤヒヤしてたけど、まぁ大丈夫でした。


一応、結婚前の初顔合わせということで
ハレクラニでランチを予約しました。
2009042002.jpg
なんか久々の、おしゃれな食事って感じ。

ダイヤモンドヘッドをバックにみんなで写真を撮ったりして
なごやかな雰囲気に。

その後、式に参加する家族のアロハなどを買うため
アラモアナやワイキキでぞろぞろとショッピング。

両親はそれぞれペアのアロハとムームーで
なんかかわいいのが買えたので当日が楽しみになりました。


解散した後、相方はご両親と夕食を食べに行き、
私は一人でワードへ行ってようやく気に入ったワンピに出会い購入!
その足でアラモアナに行って
サンダルもゲット。
これで私も式に出られる!って思った本当に。

ふぅ。もうギリギリセーフって感じ。。。

後は明日レイを買うだけだ。
【2009/04/20 01:55】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家族とノースショアドライブ
結婚式前日。
今日はお互いの家族と過ごす日とした。

私自身も、家族旅行なんていったい何年ぶりだろうという感じだし、
相方に至ってはほとんどしたことがないらしい。
そう言う意味でも、みんなをハワイに呼びつけてしまった形になったけれど
思い出作りできてよかったかなーなどとも思っている。


さて、今日は相方の方はツアーに付いていた無料パスを使って
トロリーで観光するみたい。

うちはノースまでドライブに行く事になっていた。

王道のカメハメハ大王象を通って、ダウンタウンから北上。
とりあえずドールで一休み。

雲行きが怪しく、なんか雨が降りそうだ。
北に進めば進むほど、景色を楽しむっていう感じでもなくなってきた。

弟がハレイワのクアアイナに行きたいというので
彼だけそこでハンバーガーを食べ、
ショッピングモールをちょっとブラブラしたりしてから、
カフクのシュリンプワゴンでランチ。

これまで運転してきた父親は、
てっきり海老料理が食べられるレストランに行くのだと思っていたらしく、
海老とビールを楽しみにしていたらしいのに
ビールがなく明らかに機嫌を悪くしていた。

とにかく寒くて、なんか無性に申し訳ない気分になってきた。

運転を交代して、海沿いを進む。
今日は一応、島一周コースの予定。

クアロアでちょっと休憩して、
弟が平等院へ行きたいといいだしたので向かう。
2009042101.jpg
私もここは初めて。
墓地があるのは知っていたけど、こんな建物があるとは知らなかった。
日本からの移民100年を記念して作られたものだそう。

雨が降っていたので、ここに来るのを希望した弟だけ
一人車を降りて中に入って行きました。なので写真も彼が撮ったもの。


その後は、ワイキキまで戻って来て、
なんか用事があるという父親だけホテルに降ろして車を返しに行きました。

私には、明日のためのレイを購入するという大事な用が残っていた。

花婿用の葉っぱでできたマイレレイは
ウェディング会社にあらかじめ頼んであるので、
花嫁用のと、あと家族みんなにレイをプレゼントしようと考えているのだ。

本当は当日のみんなのお楽しみにして、
チェイなタウンへ一人で買いに行こうと思っていたのだけど
なんか母親たちもそれについてくるというので、一緒に行きました。
2009042102.jpg
レイ屋さんで相談している私を見守る母と弟の図

花嫁用はピカケのレイで、
あと母親お二方には昨日購入したムームーの色にあうお花を選びました。
男性には花ではなくククイナッツのレイにしました。

とりあえず、全てのレイを買えて一安心。
これで明日の準備は全て揃ったぞ!!
バスでワイキキに戻ってきました。


さて、夜になり部屋に帰ると、
なぜか相方の髪がなくなっていてびっくり!

昼間にヘアカットしてきたらしいのだけど
なんと、丸坊主になっていたのだった。

確かに我々ふたりとも、伸ばしっぱなしの変な髪型だったけど
なにもいま坊主頭にしなくても、、、
日焼けしてるから生え際とか微妙に白いし。。。
なんだか違和感ありまくりなのであった。
【2009/04/21 02:38】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
wedding♡
今日はいよいよ結婚式の日。
心配していたお天気も悪くなさそう。

朝から私は準備のため両親の部屋へ移動した。
着替えたり、ヘアメイクの人が来てくれたりするので
私達の安宿よりずっと広くて奇麗な両親の部屋を借りる事にしたのだ。

ピンポーンとブーケが届いた!
2009042201.jpg
うわ素敵!めちゃくちゃ希望どおり!

プルメリアは朝摘みしないといけないので
ブーケにするの大変みたいなんだけど、
私の希望通り入れてくれてすごい嬉しい!

ヘアメイクさんも来た。
私は長旅で肌の手入れもままならず日焼けして真っ黒に焼けてるし、
髪も伸ばしっぱなしでボサボサの上、自分で切ったパツン前髪なもんだから
どうなるかかなり不安だったけど、
こちらに住んでるという日本人のメイクさんは
気さくに話しながらちゃっちゃとやってくれて、
仕上がりを見てこれまた非常に満足。

まぁちゃんとメイクしたのがすっごい久しぶりだというのもあるんだろうけど
なんかすごく嬉しくなってきた。

着替えると、数日前にダニに喰われたところがまだ跡になってて
少し悲しかったけど、そんなに目立つわけでもないのでまだよかった。

アロハに着替えをした家族と一緒に記念撮影したりして、
迎えにきてくれた車に乗り込む。

車にはすでに相方とそのご両親もいて、アロハを来ていた。
なんか不思議な感じ。

そうこうするうちに車はカイルアへ。
式をするのはカイルアビーチの隣にあるラニカイビーチである。
ここは住宅街なので、ビーチ沿いの家を借りることになっている。

このお家も思ったよりも素敵な所だった。
牧師さんと打ち合わせをしたり、写真を撮ってもらったりしてから
ビーチに出て挙式をした。
2009042202.jpg
こんな感じ。
ウクレレを弾いてくれる人がいて、
ちょっと曇ってたけど海は奇麗で心地よい波音がしていて、
なんだかお花のいい香りはするし、
牧師さんもカメラマンさんも優しかったし、
なによりお互いの家族が祝ってくれてるのが伝わって来て
自分としてはとっても感激した素敵な式になりました。
2009042203.jpg
旅のゴールってことで。

式の後はみんなにレイをプレゼントして、
そのまま邸宅でケーキ入刀と軽いランチをいただきました。


思えば、この式の段取りは、我々がスペインにいた年明けあたりから
ネットで色々調べて、メールでのやりとりだけで話を詰めていったもの。

途中には言葉不足で思い違いがあったりして、正直不安もあったけど
実際には想像したよりもはるかに素敵な式にしてもらい
本当に嬉しくて感謝!

2009042204.jpg
このバックパックたちもお疲れさまでした。
今日は胸がいっぱいです。
【2009/04/22 13:57】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハワイ島へ家族旅行
昨日、無事に結婚式を終えたばかりですが
今日から数日は相方と別行動です。

というのも、うちの家族は離島に行く事になっており
一方、相方のご両親は明日帰国するため
お互いにそれぞれの家族と一緒に過ごすからである。


朝、一緒にホテルをチェックアウトして相方とバイバイ。
私は家族が泊まるホテルで合流し、
両親と弟二人と共にホノルルからハワイ島はヒロへと飛んだ。

ここからは、私とのメールでのやりとりを元に
父親が立てたプランである。ちなみにスポンサーも父である。
私の分も飛行機やホテルを取ってくれたのだ。やったね!

ヒロの空港にて、レンタカーを借りてホテルへ。
私はハワイ島には1度来た事があるのだけど、
その時もヒロの印象は薄曇り。

今回もやっぱり薄曇りなのであった。

ホテルに付くと、父と弟が希望していた
マウナケアのツアーが明日あるみたいだったので申し込んだ。

部屋に荷物を置き、ダウンタウンでランチ。

一休みして、早速キラウエアへ向かった。
私は前に来た事があったので、車を運転して案内した。
2009042302.jpg
火口や、ラバチューブなど一通り見学して、
溶岩で覆われてしまった海岸道路へ
2009042301.jpg
溶岩で埋まってしまったサイン。
ここでも父親は、流れる溶岩が間近に見れると思っていたらしく
とてもがっかりしていた。

帰りはすっかり暗くなり、
ドライブインでロコモコやサイミンなどを食べた。

なんだか盛りだくさんな日だなー。
いままで割とのんびり旅行をしていたのか
なかなかハードな行程に感じる。


ちなみにこの日、相方はご両親とノースへドライブしに行ったらしい。
でも一昨日の私達と同じような天気でやっぱり寒かったそうです。
【2009/04/23 20:02】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キラウエアリベンジとマカダミアナッツ
昨日の夜、父親が地図を見ながら
キラウエアの南側に道があるから行ってみようと言い出した。

そこなら溶岩に近いかもしれないという。
流れる溶岩が見れなかったのがよほど残念だったのだろう。

てなわけで、今朝は車を出して
朝マックしてから行ける所まで行ってみることに。

確かにそれらしい道がある。
しかし進んで行くと途中で
「ゲートは夜5時からOPEN」とか、
「入るのは自己責任で」とか
「火山の煙に気をつけて」みたいなことが書かれた
看板が立ちふさがっていた。

若干躊躇しつつも、その先に進む。
溶岩の中に新しく作られたような道になってきた。

しばらくするとさらにゲートが。
2009042402.jpg
ここまで来て、これは夜に溶岩ツアーで行くスポットなんだと理解した。
見えている白い煙はおそらく、溶岩が海に落ちているところだろう。
だからここからゲートを乗り越えて歩いていけば、赤い溶岩が見えるかも。

でも、、、いろんな意味で危険そうなので
やめておこうということになった。

車で引き返し、なんとなく途中で車を止めて
溶岩の上を歩いたり、真っ黒な砂の海岸を見学したりした。

父は昼からまたなんか用事があるというのでホテルにおろしてから、
母と弟たちとマカダミアナッツの工場へ行く事にした。
ハワイ土産の定番マウナロアだ。

マカダミアナッツの木々が立ち並ぶ中を走り抜けると
ビジターセンターと、一部がガラス張りで中を見学できる工場があった。
2009042403.jpg

2009042403.jpg
機械で袋詰めされているところを良く見ていたら、
5袋に1つぐらいは不備があって脇にのけられており、
なんとも効率が悪そうだった。
こういうの、日本の機械だったら正確そうだよなーと思う。


それからウォルマートに寄るとフードコートがあったので
そこでランチ。


父と弟たちは15時からマウナケアの
サンセットツアーに行くことになっていたので解散し、
私と母は近くの公園をブラブラ散歩。
その後ダウンタウンで夕飯を食べて帰ってきた。

彼らは夜中に帰ってきた。
部屋でビールなどの飲みつつ話を聞いたりして過ごす。
夕日や星は奇麗だったけど、すっっごく寒かったそうだ。
【2009/04/24 20:42】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒロからコナへドライブ
朝、5時起きで弟たちを空港まで送っていく。
彼らは日本で仕事があるのでこれでお別れ。
わざわざありがとね~。みんなで旅行できて楽しかった。

さて、二度寝してから、両親と3人で
ホテルでビュッフェのブレックファスト。
なんだかとても優雅だわ~。


今日はホテルをチェックアウトして、
コナまでドライブがてら移動する日。

まずレインボーの滝を見に行った。
2009042501.jpg
レインボーは見えなかったけれども。


それから私は知らなかったんだけども、日本で
「ホノカアボーイ」という映画が上映されたらしく、
母親がそのロケ地のホノカアの行ってみたいと言うので
次の目的地はホノカアとなった。

道はほとんど一本道みたいなものだし、
私は前に島一周運転したことあるからまぁ問題なく
あっという間に到着した。
2009042502.jpg
すごくこじんまりした町で
ヒロのダウンタウンもノスタルジックな雰囲気がするけど
それをしょぼくしたような古き良き感じがする建物が並んでいた。

適当な店でランチを食べて、ちょっとブラブラ。
映画館もあった。どうやら先の映画ではここが舞台になっているらしいが
私も、いいだしっぺの母すらも映画を見てはいないので
何をみたらいいのかよくわからず、

その後はワイピオ渓谷に寄り、
あとはひたすら車を走らせる感じ。
2009042503.jpg
あんまり天気がよくならない。


コナで親がとってくれてたホテルは
ヒルトンワイコロアビレッジの
部屋からイルカが見える部屋であった。

そしてわたしたちの部屋にはこんなサービスが。
2009042504.jpg
ちょっと恥ずかしい。
っていうか、そうです。ここで相方と合流予定なのです。

相方がコナ空港に到着したので迎えにいく。
ホテルに荷物をおいて、
夕方にはカイルアコナに夕食をしに向かった。

ハワイ島はどこに行くのも車移動になる。

今日は結構な距離を移動してきたし、
これまで運転なんて全くしてなかった私はさすがに疲れた。

その上カイルアコナでは駐車場がいっぱいで
なかなか車を停められなかったりして
個人的に町をブラブラするっていう気にならなかったので、
前に行った事のある海沿いのババガンプシュリンプにみんなを誘導。

日本にもあるシーフードレストランだけど、
アメリカっぽいしみんなも喜んでいたのでよかったとしよう。

相方にも会えたし、部屋は快適だし、
めちゃくちゃぐっすり眠れました。
【2009/04/25 20:30】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コナにてちょっとリゾート気分
今日は両親がゴルフを予約してある日。
私たちは一日なにもしないでのんびりする予定である。

朝起きたらテラスに出て、
昨日買っておいたビールとサンドイッチ、パイナップルとかで朝食。

数日ぶりにスッキリとした気持ちのよい快晴で
(というのは雨がちのサウスサイドから来たからで、
ここらはいつも晴れなんだろうけれども。)
目の前のプールにはイルカさんが泳いでいる。

あ~ここにきてやっとリゾートって感じがするな~~。
しあわせ~~。
2009042601.jpg
ハワイ島でお世話になったロングボードのビール。

せっかくなのでホテル内を探検することに。
2009042602.jpg
このホテルは本当に巨大で、敷地内にモノレールとか船が走っている。
ひととおりブラブラして、外でまったり。
2009042604.jpg
ビーチはないけどゴツゴツした景観もハワイ島っぽくてよい。

2009042603.jpg
ゲッコーちゃんがいた。かわいい。


2ラウンドを終えて、すっかり日焼けして帰って来た両親と
近くのショッピングモールへ。

私が数年前に来た時は、キングスショップスという
こじんまりしたショッピングモールしかなかったんだけど、
これに隣接してクイーンズマーケットプレイスという
モールもできていてびっくり。

ちょっとブラブラして、キングスの方のRoy'sで夕食。
予約してないけど平気かなぁと試しに入ってみたけど
早い時間だったし大丈夫。オリエンタルな食事を楽しみました。

クイーンズマーケットプレイスの方には
大きなABCストアみたいなのがあって、そこが買い出しに色々便利。
明日の朝食やビールなど買って帰ってきました。
【2009/04/26 14:47】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コーヒー農園めぐり
今日も両親はゴルフ。
でも昨日もやったし、1ラウンドだけにするらしい。

昼食後、一緒にコーヒー農園を見学しに行く事にした。
ハワイ島といえば、コナコーヒーである。

日本でもおなじみのUCCとかドトールの農園もあって
無料見学できるとガイドブックに書いてある。

車でカイルアコナから180号へ進みフアラライの裾野へと。
この辺りはコーヒーベルトとも言われているらしい。

まずはUCCさんへ。
とりあえず駐車場に車を止め、小屋に近づいてみる。
日本人スタッフの男性が出て来て、案内してくれるようだ。
2009042703.jpg
海を見渡す丘にコーヒーの木がずらりと並んでいる。
この景色見るだけでも来たかいあるかも。
2009042701.jpg
コーヒーの木。熟すと赤くなるんだって。
2009042702.jpg
中の白い所は確かにコーヒー豆の形してる。

小屋で試飲もさせてもらい、
もちろんコナコーヒーを購入。

デカフェコーヒーはちゃんと本当のコーヒーだということを知った。


それから、すぐ近くのドトールさんへ。
ここはルート表示がしてあって、自由に見学していいみたい。
2009042704.jpg
途中は植物園の様になっていて
色んな花が咲いているし、歩くのも気持ちいい。
2009042705.jpg
やっぱり海を見晴らす丘に出た。

ここでスタッフの人とお話すると、
どうやらここは沢尻エリカが結婚式を挙げた場所なんだそうな。
どおりで。いいところです。

ここでもやはりコーヒーを購入し、
帰りは駐車場まで車で送ってもらい、見学終了。


思ったよりさくっと終わってしまった。
2009042706.jpg
それにしてもハワイ島はだだっ広い!!

ワイコロアまで戻り、北にあるプウコホラヘイアウに行ってみる事に。
カメハメハ大王の時代の神殿である。
2009042707.jpg
大王がハワイを統一するために、勝利を祈願して作ったものらしい。

ビジターセンターのようなものもあり、
きちんと見学できるように整備されていた。
だけどこれはどうやら復元みたいである。


それから、歴史つながりということで
キングスショップスでヒエログリフを見学してから、
アメリカチェーンのイタリアンで夕食。

今日は観光したし楽しかったな。
いよいよ明日は帰国。もう旅行も終わりか~。。。
【2009/04/27 14:48】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とうとう太平洋を横断し日本へ向かう日が。。。
朝、両親と一緒にホテルをチェックアウトし車で空港へ。
ハワイアン航空7時の飛行機でコナからホノルルまで40分。
2009042801.jpg

私達はお昼初のJAL便で日本に帰る予定だから
ちょっと時間があまっちゃうんだけど、
両親が9時45分発のノースエアラインで帰るので一緒に来たのだ。

空港内でブラブラしたり、早めの昼食をとったりして時間をつぶす。
あ~もう旅行もこれでおしまいかぁ。。。

でもなんだか、最後に家族との旅行を楽しんだせいか、
1年を超える長い旅行をしてきた最後というよりは
普通にハワイ旅行から帰るような、妙にあっけない気分なのであった。
【2009/04/28 14:49】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本到着
日付変更線を越え、成田に到着したのは4/29の夕方。

せっかく久々の日本だし、
今日はこのまま家に帰る気分ではないし
温泉に行くのだ!!

成田は千葉だし、どこかいい温泉ないかなと探してみると
太平洋から上る日の出を見られる犬吠埼がいいかも!ということで
ちゃちゃっとインターネットで調べて
犬吠埼観光ホテルに決定。

電話をすると夜のチェックインでも大丈夫そうなので即予約し、
空港でレンタカーを借りて、いざ犬吠埼へ。

あ~日本語が通じるって本当に便利だなぁ
2009042802.jpg
久々の和室。
到着が遅れたけど、ちゃんと夕食も用意していてくれて嬉しかった。
お刺身おいしい~
2009042803.jpg
お風呂も最高~
お布団最高~

あ~日本っていい国だ~~
っていうか、自分が日本人で、日本に帰ってきたって実感するわ。
【2009/04/29 14:51】 | 最後★ハワイ(09.4/16〜4/29) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。