はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
グアテマラでケツァール再び。
悲願のケツァールを発見!
2009032201.jpg
ほら、お札の中に…。

いやいや、絵だけではありません。
グアテマラでは、通貨の単位がなんと、ケツァールなのだ。
1ドルが7ケツァールぐらい。


さて、グアテマラ。
ホンジュラスから入る時、どこに行くべきか相当迷いました。
(時間がないから)

首都グアテマラシティは、ちょっと治安が心配だし。

遺跡つながりで、ティカルにはぜひ行きたかったのだけれど
ティカルに行ってしまうと、日程的にそのまま北の国境から
メキシコに抜けることになるだろう。それもちょっと寂しい。

ものすごく悩んだ結果、
世界遺産の町アンティグアと、温泉の町シェラに寄って
南の国境よりメキシコに入ることに決めた。


アンティグアは、なるほど、奇麗に整備されていて居心地よさそうである。
ツーリスティックなところではあるけれど。
2009032207.jpg
昨日の夜、ライトアップされた町並みも雰囲気あった。

2009032206.jpg
目につくのが、この円錐形の山。アグア火山。
2009032205.jpg
そして咲き誇る花々。
2009032202.jpg
なんだか春って感じがする。
2009032204.jpg
午前中、お土産を物色する。
観光客が多いから、お土産屋さんもたくさんあって
ホンジュラスと比べると品物もよさそう。種類もいっぱいある。
だけど値段もちょっと高くなった。


お昼ごろ、シェラに向かうことにする。
シェラというのは通称で、正式名はケツアルテナンゴという町だ。

グアテマラには○○テナンゴという地名がたくさんあって、
これは、~の場所とか~の土地とかいう意味らしい。

ということは、ケツアルテナンゴは、ケツアルの場所?
そのまま鳥のことを指すのか神聖化されたケツアルのことを指すのかわからないけど
興味深い地名である。

2009032203.jpg
バス停で売ってたフルーツ盛り合わせ。
南米中米はフルーツがおいしくて幸せである。

なんとかテナンゴ(忘れた)行きのバスにのり、
シェラに行きたいというと、40分ぐらいたった頃に
ここで降りなさい、とうながされた。

どうやらバスを乗り換えるようだ。

いろんな人が手伝ってくれるので、
驚くほどスムーズに別のバスに乗り換えて
3時間ほど山道をゆく。

すごく揺れる。
お尻が浮いてしまうぐらい。

グアテマラでも、例のアメリカ製スクールバスを使っている。
こちらでは、チキンバスというらしい。

車内は満席。

ぴったりとくっついて座っていた隣のおじさんが、
私の膝の上に置いた鞄に手を伸ばすのに気がつき、鞄をどけた。
カメラを入れていたズボンのおじさん側ポケットもそっと手でガードした。
すると、自分の荷物の下からさりげなく伸びてきたおじさんの手がぶつかった。
やっぱり、この人、スリだ。

睨んでやった。もうスリには何にもやらないのだ。

相方がバスの中でおなかの調子が悪くなりピンチを迎えた。
1時間ほどなんとか我慢して、大きめのバス停に着いたときに
ダッシュでトイレに駆け込んでいた。

こういうときも、ふたりだったら私が荷物を見ながら
バスをストップさせておけるので心強い。

16時頃にシェラに到着。
日本人宿にしました。

●タカハウス
http://www.elquetzal.go2.jp/

スペイン語を勉強している長期旅行者が多いみたいです。
オーナーのタカさんが、すごくいい人。
文庫本をたくさん交換してもらいました。

夜はWBCのアメリカ戦!

皆で観戦しました。面白かったー。
スポンサーサイト
【2009/03/22 00:13】 | 42か国目★グアテマラ(09.3/22〜3/23) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
民族衣装と温泉と
いま泊まっているタカハウスという宿は
とにかく周辺情報が豊富なのである。

それを見て、今日は月曜市をやっている
スニルという村に行ってみる事を決めた。

シェラの近くには原住民の村が多く
市場に行くと民族衣装を来た彼らを見ることができるらしいのだ。
2009032301.jpg
チキンバスに乗り込むと、いつのまにやら周りはカラフルな女性だらけ。
2009032302.jpg
20分ぐらいで村に到着。
バスを降りると川があり、反対側に市場があるようだ。
2009032305.jpg
川で洗濯する女性たち。

お目当ての市場は体育館のようなところでやっていた。
市場は小規模だったけど、集まる女性たちの姿は新鮮だった。

観光客の姿はなく、花が咲いたような、鳥が集まったような
色鮮やかな衣装をまとった女性でいっぱいだった。
よく見るとひとつの刺繍がかわいいんだよなー。
2009032309.jpg
それにしても、女性だらけだ。

思わず私も、派手なエプロンを買ってしまう。
日本で使うかなー。どうかなー。

さて、スニルに来たもうひとつの目的は
ーーーー温泉 なのである。

さっきの川にあった小屋もなんと温泉だったらしく、
2009032303.jpg
↑コレ

ちょっとのぞいてみたらおばちゃんたちが裸で入浴中であった。
2009032304.jpg
川沿いにもバーニョの看板多し。

だけど、村から離れたところに露天風呂の温泉があるということだったので
私たちはそっちをめざした。

教会前に泊まっていたピックアップトラックの運転手と交渉して
温泉まで連れて行ってもらう。

山を登っていくこと15分ぐらい。

到着したフェンテスヘオロヒナスという温泉は
これまで私たちが訪ねてきた温泉の中で
一番気持ちのよいところであった。
2009032310.jpg
山肌からしたたり落ちるお湯は熱々で、
これまで適温の温泉にあまり出会えなかったので嬉しいこときわまりない。

緑がかった湯船と、周りの木々の緑も気持ちいいし。
2009032306.jpg
人があまりいないのもよかった。

大満足で長居したのだけど、
せっかくなのでスニルの村からシェラにもどる間にある
温泉地にも寄ってみることにした。

その名も、ロスバーニョス。
2009032307.jpg
ここの温泉は個室温泉で、
結論からいうと、まぁ普通。

さっきの露天風呂がとってもよかったので感動はまったくなかった。
行く順番が逆だったなぁ。
2009032308.jpg
夜は、宿の人たちとシェア飯を食べつつ、
WBCの韓国戦で盛り上がる。すっごく楽しかった!
【2009/03/23 23:49】 | 42か国目★グアテマラ(09.3/22〜3/23) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。