はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自然大国コスタリカからロッキンチェアーの国ニカラグアへ
これから数日は移動だけの日々が続くことになる。
あまりに移動が長くて、あまり写真も取っていない。

さて今日の目的地は、ニカラグアのレオンである。

コスタリカ、なんと2泊で終了である。
火山や温泉にも行きたかったけど、例によって時間がない。
あぁ悔しい…。

★5時45分 
まだ真っ暗なうちに起きて、
キッチンで色味を帯びてくる空を見ながらカップラーメンの朝食。
2009031801.jpg
太陽が昇るのを待っていたかのように宿をチェックアウトする。
朝はちょっと冷える。

★6時前 
バス会社のオフィスで、
ハイウェイを通る6時30分発のサンホセ行きバスチケットを買おうとしたら、
6時のプンタレナス行きでもハイウェイを通るというので、
ギリギリそのバスに乗り込んだ。

とりあえず、未舗装道路を抜けて、ハイウェイに出れば、
そこからニカラグア国境までは一本道のはずだから
ハイウェイで乗り換えのバスを待つことを考えると早く行ってしまった方がいい。

★6時30分
バスに慌てて乗り込んだものの、結局30分送れてバスが出発。
なんのこっちゃ。

★8時30分
未舗装道路を抜け、パンアメリカンハイウェイ(1号線)に出たところでバスを降りる。

★9時前
ハイウェイにて国境のぺニャブランカへ向かうバスを拾う。

★12時前
ニカラグアとの国境に到着。
コスタリカ側の手続きを終えて、ニカラグアへ。
コスタリカ側でも、ニカラグア側でも入出国カードを売る人たちがいた。
もちろん、こんな人たちから買わなくてもカードは窓口で無料でもらえる。

★12時30分
ニカラグア側のイミグレーションで入国税なのかよく分からないお金US7ドルとられる。
バスターミナルが分かりりにくく、しばらく迷っていたのだけど、
一応ツーリストインフォがあり、そこでやる気のなさそうなお兄さんに教えてもらった。

ニカラグアに入ったとたん、物乞いが増えた。
貧しい国なんだろうな。治安が悪いって聞いているし。

首都のマナグアまで行くローカルバスがあったので、それに乗り込む。
バスにはタコスのような食べ物や、ドリンク類などたくさんの物売りがやってくる。

物売りの女性がつけているフリフリレースの乙女チックなエプロンが気になる。
若い女の子は肌の色が薄く、たれ目系でけっこうかわいらしい。

★13時
ようやくバスが出発。

★16時
ニカラグアの首都マナグアに到着。
バスターミナルは、ひどく混沌としている。

マナグアはすっごく治安が悪いと聞いていたので、
バスを乗り換え、そのまま第二の都市というレオンを目指すことにした。

★18時
レオンのバスターミナルに到着。

とにかく日が沈む前に宿に入りたかったので、
ガイドブックにあったバスターミナルから一番近い宿を目指した。

●HOTEL EUROPA
トイレバス付きツイン23ドル
WiFi飛んでる。

ちょうど日が沈む寸前に、宿にチェックイン。


外は暗くなってしまったけれども、お腹が空いたのでちょっと出てみたら、
のどかな感じで治安は悪くなさそうだった。

宿にもロッキングチェアーがあったのだけど、
ちらりと覗いた民家の中でも、人々はたいてロッキングチェアーでくつろいでいた。
2009031802.jpg
なんでも、ニカラグアはロッキングチェアーが名産らしい。
こんなにたくさんのロッキングチェアーを見たのは初めてだなぁ。


歩いて中心地に行ってみると、安宿もありそうだった。
スーパーもあり、かなり物価が安い。

手近な食堂でご飯を食べる。
ランチのときも出てきたのだけど、
こちらでは日本の赤飯とそっくりなご飯を良く食べるみたいだ。
2009031803.jpg
この赤飯が、なかなかどうしておいしいのだった。



ランキング参加中です☆
 
スポンサーサイト
【2009/03/18 12:51】 | 40か国目★ニカラグア(09.3/18〜3/19) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
中米物価安の国々~ニカラグアからホンジュラス~
本日も、ほとんど移動の日。

このところ移動ばかりでしんどいのだけれど、
それは中米に夜行バスの存在がないというのも
効率よく移動ができない要因のひとつである。

だから、どうしても日中の移動を余儀なくされ、
日程の限られている私たちは、これまでのように観光に時間がさけない。

さらに治安に不安があるため、新しい国や街に移動する場合には
太陽のあるうちに到着し、宿を確保したいため
なおさら、日中は移動だけになってしまうのだった。

そんなわけで、2日連続で早朝5時には起きてひたすら移動を続けていたのだけど
その疲れもあり、またどこか開き直ったような変な感覚があり、
今朝は早起きを放棄。なんとかなるだろうという諦めの境地。

当然そのツケが後で回ってくる事になるのだが…。

今日の目的地は、国境を越えホンジュラスの首都テグシガルパである。

★8時
ゆっくりした気分で起きて、宿に併設されていた食堂で朝ごはんを食べる。
2009031901.jpg
屋外に置かれたパイプイスもロッキングチェアーだった。

泊まった宿は、近くにあった他のところと比べるとちょっと良さげだったので
昨晩、宿のおねえさんに一応、拙いスペイン語を駆使して朝ご飯が付いているか聞てみた。

すると、うんうん、朝ご飯ね、ここだよ、とその食堂を指差したので
おお、久々のご飯付きか!と嬉しく思っていたのだけど
実は別料金でひとり5ドル近くとられた。
なんとなく変な感じはしたんだよなー。
こちらの物価にしてみたら相当にお高い。

★9時
チェックアウトしてバスターミナルに向かう。
広場に、米国のスクールバスを元にした派手なバスが並んでいる。
2009031902.jpg
まずはグアサウレの国境へ向かう。
バスのおじさんたちに、イミグラシオン、とか、ホンジュラス、とか、グアサウレとか
連呼してもなかなか理解してもらえない。

どうやら、チナンデガというところまで行って乗換えが必要らしい。

★10時
チナンデガ行きのバスが出発。
2009031903.jpg
さすがスクールバスの払い下げだけあって、席のピッチが狭い。
だけど、車内には陽気な音楽がかかっていて、窓の隙間から吹き込む風が気持ちよい。

車窓から見える火山もきれいだ。
富士山を彷彿とさせる円錐形をしている。
2009031904.jpg
どうして火山だって分かるかというと、
裾野から煙が立ち上っているから。

この国にも絶対温泉あるだろうな。

★11時
チナンデガのバスターミナルに到着。
2009031806.jpg
ここでも、売り子のエプロンのフリルがかわいらしい。

グアサウレという国境に行くバスに乗り込んだとたん
あっという間に出発。


★13時
グアサウレのバスターミナルに到着。
ガランとした広場で、シクロの運転手5~6人に囲まれ、
こういうのって久々なのでかなりひるんでしまう。

うっとおしいので、飲みものを買ったり、食堂で食事したりしてごまかす。
スープを注文すると、トルティージャがついてきた。
とうもろこし文化圏に入っているんだなぁ。

シクロの客引きは食事の間もしつこくこっちを見ているし、なんだか居心地が悪い。

後から思えば、集まっているときに互いに値段を競わせればよかったのだけれども。
アジアとかエジプトとかではそうしてたのに、そういう感覚をすっかり忘れていた。

★13時30分
グアサウレのバスターミナルから、結局シクロを使わず歩いて国境に向かうことにした。

シクロが営業しているぐらいなのだから、
それなりの距離がある。

フーフー言いながら国境の橋を渡る。
2009031807.jpg
異常なほど立派なこの橋も、日本の援助によるものだった。

ニカラグア~ホンジュラス間は出入国のスタンプを押してくれないのだけど、
ちゃんとコンピューターで出入国を管理しているから意味ないんじゃないかなぁ、と思う。

ニカラグアで出国税US2ドル、ホンジュラスは入国税US3ドルとられる。


★14時
ホンジュラス側で、チョルテカ行きのコレクティーボに乗る。
乗り合いのミニバスで、荷物をひょういひょいと、屋根上に乗せられる。

★16時
チョルテカに到着。
今度は首都テグシガルパ行きのバスに乗る。

★18時
日没。
あぁ、太陽のある間に到着できなかった!

ホンジュラスも治安が心配。

★20時
山から下りて町に向かっているとき、なんとなくペルーのクスコを思い出した。
ようやくテグシガルパに到着。

治安面を考えてセントロで泊まろうと思っていたのだけど、
バスが明日乗ろうと思っていた国際バスの出るコマヤグエラ地区に止まって、
しかも目の前にホテルがあったのでそこにチェックイン。

●Condesa Inn
トイレバス付きツインL495(約2500円)
もっと安い部屋もあったけど、ダブルベッドが2つの広い部屋しか空いていなかった。
バスの発着所が近くて便利。


目の前にコメド(食堂って意味?)があって、
軒先でBBQみたいに串刺し肉を焼いていたのでそれを頼む。
こっちでは、ピンチョというらしい。

ピンチョといえば、スペインでは、
バルで出てくる爪楊枝をさしたおつまみのことだったけど、
こっちではもろに串刺し肉のことをいうようだ。
2009031905.jpg
ピンチョとビールで一息つく。
またトルティーヤがついてきた。

付け合わせにこしあんの砂糖なしみたいなものもあった。
これがけっこう肉とトルティーヤに合っておいしい。

ニカラグアまででもアズキ豆のようなものはよく出てきて
甘くないあんこだなぁと思っていたのだ。


コマヤグエラ地区は治安が悪いと聞いていたけれど、
なんだかホンジュラスに入ったら人の雰囲気がいいし、
なんとなくホッとした。

というのも、
ニカラグアでは、おつりを返してくれないし、ごまかすし、
倍の料金とられるし、なんだか気を抜けなかったのだ。

ここのところ、南米から続いたラテン気質の国では
そういうごまかし方をされていなかったから、すごく嫌な気分だった。

「チナ」とか「チンチャンチョン」と何度か吐き捨てられたりしたし。
どちらも中国人を軽蔑する言葉らしい。

スペイン、チリとアルゼンチンといったスペイン語圏で
何度か通りすがりにチナと言われたことがある。

チンチャンチョンの方は、イスラム圏でよく言われたな。

日本人の私は別に言われたからどうってことないのだけど
だいたい馬鹿にしたような顔をしてその言葉を言うので
不快な気持ちになるのだ。

まぁそんなこともあり、
ニカアグラはすぐに通り過ぎてしまったけど
後ろ髪がひかれるようなことはなかったのだった。


ランキング参加中です☆
 
【2009/03/19 14:00】 | 40か国目★ニカラグア(09.3/18〜3/19) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。