はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
チュニジアあったか~い!!
8時半ごろのブリテッシュエアで
ガトウィック空港からチュニスへと飛ぶ。

ヴィクトリアステーションからエクスプレスに乗ってしまえば、
空港までは40分ぐらいで到着するから、
宿のあるアールズコート駅から地下鉄の始発に乗れば完璧のはずである。

で、予定通りアールズコート駅に着いて、ホームで電車を待っていると
相方が必死で何かを探し始めた。

どうやら、ポケットに入れていたお小遣い帳がないらしい。

私たちは限られた予算の中で長期の旅行を予定しているので、
最後まできちんと回れるようお小遣い帳をつけている(相方が)。

ペットボトルの水を買うたびに、公衆トイレのチップを払うたびに、
どんな小さいものでも、お金の出し入れがあればポケットからミニ手帳を出し
いちいち金額をメモしているのだ(相方が)。

お小遣い帳を見ると、その日に何をしていたのかもわかるし、おもしろい。
そんな、コツコツと努力した面倒くさい行為の結晶を、なくしてしまったらしい。
相方がなくし物をするのは、この旅で初めてかもしれない。

彼はダッシュで宿に戻っていった。
で、がっくりして帰ってくる。

お財布とか携帯をなくしたのと違って実質的な損害は小さいように思えるけど
彼にしてみれば、毎日積み重ねたものが無意味になってしまったのだ。
精神的なショックが大きかったようだ。

普段は、ちょっとたまると、エクセルに入れてPCに保存しているのだけど
どうやら最近はそれをサボっていたらしい。
だから、ヨーロッパでの節約の記録が、パーになってしまった。

でもしょうがない、それより、飛行機に間に合わなかったらシャレにならない。

30分ぐらいのロスをしたものの、これは許容範囲。
ビクトリアステーションで走ってホームで待ってるガトウィックエクスプレスに滑り込んだ。
ふー、なんとか間に合った。これだから出発時間は余裕を持っておくものである。


空港では、なんだか国内線に乗るようなゆったりした感覚で、
ギリギリまでゲートの番号も掲示板に記載されない。
出発10分前ごろに、ようやくゲートが案内される。

目的地はチュニジアだから、
いったんEUのシンゲン協定の国々から出国するはずである。
出国手続き、やってないけどいいのかな。

ゲートでは、ちょっとパスポートを見せてそれでいきなり搭乗。

入国はかなり厳しかったくせに、出国はこんなゆるくていいのかイギリス!
っていうか、カウンターのお姉さんに聞いても、いいのいいのみたいな感じで
結局スタンプ押してくれなかった。

このせいで、後でちょっとだけ面倒くさい思いをすることになる。


チュニスまでは4時間ぐらいのフライト。
さらばロンドン!
イギリスにはまた来たいな。

着陸間際、空から見たチュニジアの家々は、
白くて、四角くて、まるでトウフのようだった。

アフリカ大陸、初上陸!!
おお~空の色が違う!

ダウンを脱ぎ、長袖シャツ1枚になる。
あったか~い!!

っていうか、日差しも強いし太陽の下にいると暑いぐらいである。

空港からバスでチュニスのセンターへ向かう。
車掌に料金を払うシステムなんだけど、
ただ乗りしようとする人もちらほら。

でも、車掌さんはちゃーんと見ていて、
注意されるとしぶしぶお金をはらう。
ちょっとおもしろい。

バスはマリーナ駅の近くで止まり、
そこからメトロでバルセロナ駅まで行く。

メトロというから地下鉄かと思ったら、トラムであった。

安宿としてはちょっと高いけど、評判のよさそうなホテルサランボへチェックイン。
Hotel Salammbo
ダブル38ディナールで朝ごはんつき。
シャワーがついていて、窓はチュニジアンブルー。
2008110802.jpg
チュニジアで泊まりたいと思っていた通りの部屋で、ちょっと嬉しくなる。
2008110803.jpg
メインストリートの、ハビブ・ブルギバ通り。
初代大統領の名前がついている。

真っ赤な国旗がひらひら。
写真を撮ろうとしたら、銃をもった警察官に注意された。
写真撮影禁止らしい。
なんだかものものしい。

どうやら11月7日が何かの記念日らしく、
今日は翌日だから警備がきびしいのかしら。

チュニジアはフランスの支配下にあったから、今もフランス語が通じる。
同じようにアラブ文字のイスラム文化圏の中央アジアを思い出す。
あちらはロシア語が共通語だったから
分からないわたしたちは結構困ってしまった。

チュニジアでは、ロシア語の代わりにフランス語。
英語はあんまり通じなさそうである。

オープンカフェが多いのも、バゲットみたいなパンも
フランスの影響なんだろうな。

カフェでコーヒーとプリックを食べる。
コーヒーはアラビアコーヒーだった。
おいしいし、安い。

イスラム圏なのに、普通にビールを飲んだりもしている。
チュニスは都会だからかもしれないけど
スカーフを巻いた女性も、そんなに多くない。
割とおしゃれなファッションをしている。
ヨーロッパに近いものね。



ランキング参加中です☆
 



スポンサーサイト
【2008/11/08 15:26】 | 21か国目★チュニジア(08.11/8〜11/13) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まぶしい地中海と、シディブサイ、カルタゴ
2008110901.jpg
朝ごはんは、バケットとコーヒー。
きのうのカフェで食べたのもそうだったけど、
チュニスのパンはフランスのバケットほど皮が硬くなく、
内側のやわらかい部分はきめがこまかくて、とてもおいしい。

パンにバターを塗っただけの朝食だけど、満足。

今日はマリン駅からTGMという列車で30分ほどのシディブサイまででかける。
チュニジアで一番美しい街と言われているところだ。
2008110902.jpg
日曜だからか、人が少ない。
家々の白は、どうしてこんなまぶしい色にしちゃったんだろうか
と思うぐらいに本当に白い。
目が痛いぐらいである。
そしてチュニジアンブルーのドアや窓が鮮やかだ。

世界最古のカフェといわれる、カフェデナットでミントティーを飲んだ。
松の実が入っているので、お茶とおつまみが一緒になっているような気持ちがする。
観光地値段のアラビア風カフェであった。

駅近くまで戻り、食堂に入る。
素焼き風のおわんが並んでいたので、それを指差してみると、
お兄さんが、そのおわんにバケットを1本、こまかくちぎって入れてくれ、
これに卵やソースを入れ、ぐちゃぐちゃにまぜる。
2008110903.jpg
中央アジアのシルクロードの国では、スープにナンをちぎって入れたりしていたけど
これはそれよりももっと激しく、ドロドロになるまでかきまぜるので
おわんの中でパンの原型はとどめていない。こんなの初めて食べた。
まるでおじやみたいなのに、パンの味がして、意外とおいしかった。


列車でちょっともどってカルタゴへ。
2008110904.jpg
かわいい駅である。
カルタゴは、2800年前に栄えたフィニキアの都市らしい。
ローマとの戦いで負け廃墟にされたものの、
そのおよそ100年後にはローマによって復興され
アフリカの首都としても栄えた。
それぐらい土地の力がある場所である。

今見ることができるのは、ローマ時代の遺跡が中心だけど
フィニキアの遺跡も見学することができる。

わたしたちはピュルサの丘、トフェ、古代カルタゴの港、アントニヌスの共同浴場を徒歩で回った。

一番印象に残ったのは、アントニヌスの共同浴場だ。
2世紀にローマ皇帝によって造られた、ローマ風呂の遺跡。
2008110905.jpg
かなり広くて、残っている柱を見ると天井も高い。
お風呂やサウナ、プールなど100以上の部屋がある一大スパリゾートだったようだ。
その上、海に面したナイスロケーション。

どんなお風呂だったのかなー。
当時の様子を一生懸命想像すると、ちょっと楽しい。
なんだかワクワクした。


ランキング参加中です☆
【2008/11/09 15:33】 | 21か国目★チュニジア(08.11/8〜11/13) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メディナでオカシラを食す
ホテルをチェックアウトして、メディナに向かう。
2008111002.jpg
迷路のようにごちゃごちゃと入り組んだ、細いスーク(市場)をノロノロと進む。
バックパックを担いでいるので、倍疲れる。

目的地であるユースホステルをなんとか探し出したものの、
今は部屋が無いので4時にまた来てくれと言われてしまった。

建物の内側の壁にはタイルがしきつめられていて
軽い中庭もあって雰囲気があったけれども、
あまりにメディナの奥だし、
英語が通じる人が常駐していなそうだったので
なんとなく不安なのでここに泊まるのをやめることにした。。

メディナの入り口まで戻って、安宿にチェックイン。
部屋代は昨日のホテルの半額だ。
これが我々の身の丈か。

メディナの中に戻って、散策とランチ。
ここのスークは、みやげ物だけでなく
日用品や服もたくさん売っていて、地元の人が本当に使っていそうな雰囲気だ。

食事をしている人を見ていると、
焼き魚を食べている人が目に付いた。

魚のカマみたいなのを食べている人もいたので
食堂でそれとおもしきももを指差しオーダー。
2008111003.jpg
やってきたのはこんなの。
食べてみると…羊の味である。
でもどこの部位だ?

もしやと思いつつ、フォークとナイフで骨から肉をこそげ落としていると、
歯、らしきものと、その間から、舌らしきものが見えた。l

そうです。羊のおかしらだったのです。
2008111004.jpg
裏返したら目玉が見えた。
ちょっとびっくり。

深く考えなければ、食べられなくはない。
脳みそらしいものは、白子の味がした。


夜はネットカフェを探しチュニジアからシチリアへのフェリーを予約。

夜行は週に1便しかないみたいなので、一番近い日程にあわせると
チュニジアには、あと3日しか滞在できないことになってしまった。

スケジュールを立て直さなくてはならない。


ランキング参加中です☆
 

【2008/11/10 15:37】 | 21か国目★チュニジア(08.11/8〜11/13) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スースでリゾートしようと思ったけれど
2008111103.jpg
列車で2時間のスースへいく。
地中海に面したビーチリゾートだ。

明日も移動なので、駅に近いホテルクラリッジに宿泊。
Hotel Claridge
ダブル30ディナール。バス・シャワー付き。
2008111101.jpg
ビーチは閑散としていたけれど、それでも泳いでいる人もいた。。
でも私は無理だなー。水着になるには涼しすぎる。

世界遺産にもなっているメディナを散歩。
チュニスのメディナよりもいろいろなものが売っていて、楽しい。

ベルベル人のマントを見かけ、買うか悩む。
スターウォーズに出てきそうなマントである。

でも着ている人なんていないし、南にもいっていないので
今はとりあえずやめておいた。


それにしても、チュニジアにきてからというもの
やけに好奇の視線を感じる。

コニチハ!アリガト!ニーハオ!
いろんな人に声をかけられる。
これまでにない注目度なのだ。

二度見されたり、振り返られたり
微笑まれたり、笑われたり、手を振られたり。

日本人が珍しいのか、
我々が特別に美男美女のカップルだからか、
服装のセンスがおかしいのか、
それとも北京オリンピックの影響かな。
地元のテレビなどで日本人の俳優かなんかがブレイクしていたりして?
などと、いろいろ考えるけれども答えは出ず。

めずらしいものを見るような目であることは確かである。
2008111104.jpg
チュニジアで唯一のセルティアビール
2008111001.jpg
どこでもにでもあるシャワルマ屋。
ケバブのサンドイッチ。
ボリュームたっぷりでおいしいし、なにより安い。


ランキング参加中です☆
 
【2008/11/11 15:40】 | 21か国目★チュニジア(08.11/8〜11/13) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ガベスとマトマタ
突然ですが、私は映画スターウォーズがけっこう好きで
DVDボックスを所有していたりする。

でも、今回ガイドブックを読むまで、
チュニジアにスターウォーズのロケ地があるとは知らなかった。

さらにびっくりしたのは、
チュニジア南部の風景が、かなりそのまま映画の中のタトーウィン星の風景であったり、
このあたりに暮す、ベルベル人が着ているフードつきマントに見覚えがあったり、
極めつけは、ロケ地のそばにはタタウィンなんて名前の街まであることだった。

だから今回、日程的にサハラ砂漠へはいけなくても、
スターウォーズ関連のところへは1箇所行っておきたいなぁと思っていた。
サハラ砂漠は、後でモロッコ側からも行くチャンスがあるだろうし。


そんなわけで、スースから列車で4時間のガベスへと向かった。

列車は約1時間で、エル・ジェムを通過。
進行方向右側に、ローマ時代の円形闘技場が見えた。
かなり大きい!

ここも来たかったのだけど、時間がなくて飛ばしたところだ。
遠目からでも見れてよかったとしよう。

それからしばらくは、延々とオリーブ畑が広がっていた。
砂地に、規則正しくオリーブの木が並んでいるのだ、それもすごい数の。

車内販売でサンドイッチが売ってたので思わず購入。
想像通り、ツナサンドイッチだった。
チュニジアの人は、かなりツナが好きみたいなのである。

もう少しすると、サハラ砂漠のさきっちょにあたり、
次第に荒涼とした大地へと風景が変化してくる。


ガベスに着くと、早速宿探し。
中心部のHOTEL REGINAにチェックインした。
ダブルルーム20ディナール。トイレ・シャワー、朝食つき。
荷物を置いて、すぐにバスステーションへと向う。

わたしたちはガベスからマトマタに日帰りで行くつもりなのだ。
そこには北アフリカ先住民であるベルベル人の洞穴のような住処があるらしい。

マトマタは新旧ふたつの街があって、
バスだと旧マトマタに直行するのだけど、乗り合いバスのルアージュだと、
新マトマタで乗り換える必要がある。

でも次のバスは14時半で、まだ2時間近く間があった。
仕方ないので、ルアージュステーションに行ってみる。

ルアージュは、車が満席になるまで出発しないのだけど
私たちが着いたときには、ちょうど目の前にいた人が乗り込んで車が行ってしまった。
つまり、次の車の最初の2人になってしまったのだ。

人が集まるまでどうせ待つんだろうなーっと思って、
30分ぐらいぶらぶらして、フリカッセという揚げパンにポテトやゆで卵やツナが入ったスナックとかを食べて
戻ってくると、残り一人しか空きがない!次のに乗れと言われてしまう。

アジアだったらちょっとつめて2人とも乗せてくれたりするのにな…。
とか思いながら、さらに次の車を待つ気にはならなかったので
バスステーションに戻り、結局バスに乗った。
2008111202.jpg
すごい風景。

バスは1時間ぐらい走って、マトマタに到着したのは15時半。
帰りのバスの最終が16時半といわれたので、あと1時間しか観光できない。

観光案内所に行くと、びっくりするほど簡単な、手書きの地図をくれた。
それをたよりにシディ・ドリスというホテルに行く。
2008111203.jpg
ここは、映画スターウォーズで、ルークが親代わりの夫婦と一緒に暮らしていた
半地下の家のロケ地で、今はホテルになっているのだ。

実際に、このあたりには半地下の洞窟住居が残っていて、
バスの車窓からも、いくつかそれを確認できた。今も暮らしている人もいるようだ。

せっかくだからこの洞窟ホテルに泊まろうかなぁと、以前は思っていたのだけど
日程的に無理そうなのであきらめのだった。
なんせ明日の夕方には、チュニスに戻ってシチリア行きのへの船に乗ることになってしまったのだ。

ホテルの中を見せてもらう。
見取り図によると、巣のように、かなり広がりがあるようである。
2008111204.jpg
ロケで使われた場所は、今も安っぽくみえるセットらしきものが置かれていて
張りぼて感がただよっているものの、なんだかやっぱりちょっと興奮するのだった。
ひっきりなしに観光バスで観光客も運ばれてくる。

それにしても、てっきり想像の産物だと思っていた異星の風景が
この地球上のチュニジアの、リアルな風景だったのだと知って、
ちょっとがっかりしたような、気がしないでもない。

結局、マトマタ観光はこのシディドリスホテルを見ただけで終わってしまった。
あ、ベルベル人のマントを着たおじいさんを見かけたな。
かっこよかった。
まだ気候が暖かいけど、冬になれば着る人も多いのかもしれないな。

マトマタより南にある、タタウィンの近くには
クサールという倉庫に使われてた建物が残っていて、
そちらもロケ地になったようだ。
どっちかというとそっちに行ってみればよかったかも。


ガベスに戻り、
チュニジアンレストランがあったのでそこで夕食にする。
店はシーズンオフの風采でめっきり寂れていたけれど、
わたしたちはクスクスが食べたいがためにこの店に入ったのだった。

アフリカといえば、クスクス、だと思っていたのに、
チュニスやスースでは安い食堂でクスクスを食べさせてくれる店に出会わなかったのだ。
観光客向けっぽいレストランにはメニューがあったのだけど。

ふと気がつけば、チュニジアで、食事の機会は残りあと2回。
結局ここにきて、そういう類のレストラン(しかも相当さみしい感じの店)に入ってしまい、
クスクスを食べるという目的は達成したものの、入ったことを後悔させるような悲しい食事となってしまった。
メニューに載っている料理の大半が品切れだし、出てきた料理が部分的に冷たいし。
やっぱり人気の無い店は入らないに越したことは無い。

ランキング参加中です☆
 
【2008/11/12 15:39】 | 21か国目★チュニジア(08.11/8〜11/13) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベルベル人のマント
2008111302.jpg
ガベスには、グランドモスクのあたりにスークがある。
朝、そこで、ベルベル人のマントを発見した。

スースのモスクで、買うかどうしようかかなり悩んでいたんだけど、
そのときの購入検討金額(店の言い値ではなく)の半額でゲットできた。
やはり南で買うというのは正解だったのだ。

私と同じくスターウォーズが好きな弟のために買ったのだけど、
なんとなくうれしくなって、宿に戻ってから、それを着て記念撮影をしてみた。
宿には、チュニジアっぽい中庭があったし、非常にいい写真が撮れたのだった。

…が、しかし、後になって分かることなのだけど
今日撮った写真は手違いで全部消えてしまった。

残念すぎる。
2008111304.jpg
(↑翌日にシチリアへわたる船の上で暇だったので再撮したけど、なんか恥ずかしすぎるポーズだ)

11時ごろの列車に乗るためガベスの駅へ。
6時間かけてチュニスへ戻るのだ。

17時ごろにバルセロナ駅に到着。
マリン駅まで30分ぐらいかけて歩いていき、
TGMに乗り換えラグレットまで。

ラグレットは、ナポリやシチリアからの船が着く港町である。
ここから今晩、シチリア行きの夜行フェリーに乗るのだ。

そして船に乗る前に、最後に魚料理を食べようという魂胆でいる。
わたしたちは短いチュニジア滞在で、
地中海の恵みを味わいきったかというと、そうでもなく
どちらかというとシャワルマばかり食べていたのだった。

ところがもくろみに反して、シーズンオフだからか、
ラグレットのレストランはあまり開いていなかった。
なんとか小ぢんまりした食堂にて、魚のグリルにありつけた。
2008111303.jpg
2種類の魚をオーダーしたのに、同じ魚が2匹出てきたのが悔しかったけど。

フェリーでは、徒歩の人は出航の2時間前にチェックインが必要ということだったのだけど
乗り場は駅からかなり遠かったし、
チェックインしてからも出国審査で待たされ、
相方はイギリスの出国スタンプがないと言ってなかなか出国できず、
船に乗るにも長々と待たされ、
ひどく疲れてしまった。

幸い、ふたりで貸切のキャビンを奮発していたので
部屋につくなり荷物を下ろして、ぐったりとベッドに倒れこんだ。

それぐらい、えらい疲れた。

朝目覚めたら、シチリア島が見えるはずだ。


ランキング参加中です☆
 
【2008/11/13 15:44】 | 21か国目★チュニジア(08.11/8〜11/13) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。