はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
癒しのポカラ
昨日の夕方に、インドとの国境スノウリに到着した私たちは、
その足で7時半の夜行バスに乗りポカラへと向かった。

ポカラまでは約10時間。
一晩スノウリに泊まって、明日の朝のバスで移動してもよかったんだけど
それだと明日も1日移動日になってしまう。
だったら、勢いで行ってしまって明日はゆっくり休もうということになったのだった。


神様がペイントされた派手なバスに乗り込むと
中に外国人の姿はほとんど見えない。
乗り心地はそれほど悪くないものの、
いかんせん道が悪い。

バスは飛び跳ねながらもスピードを落とすことなく必死に進む。
何度もおしりが浮き、頭が背もたれに当たり、手すりにわき腹がぶつかる。

最初はうだるように暑かった車内も
風が入ってくればそれなりに過ごしやすい。
と思ったのはつかの間で、
夜が深くなるとだんだんその隙間風が寒く感じてきた。

窓を閉めても、気がつくと開いていて風が吹き込んでくるのだ。
どうやら振動で自動的に開いてしまうらしい。

この移動はかなりしんどかったな。
昨日だって、夜行列車が5時間も遅れたせいで満足に眠れていないのだ。


朝の6時ごろ、とりあえずバスが止まった。
ここがポカラか?

私たちは、ネパールのガイドブックももっていないし
事前の下調べもほとんどしてこなかった。
ただ、インドから逃げるようにネパールにきてしまったのだ。
だから、ポカラがどんなところがまったく知らない。

でも、バスから降りると客引きがいた。
どうやらその宿はレイクサイドにあるらしく、値段も予算内。
タクシーで連れて行ってくれるってことなので、ついていくことに。
2008082202.jpg
部屋に入って驚いた。
300ルピーというその部屋の値段は、インドの安宿と同程度。
むしろちょっと安いぐらい。
なのに、部屋もバスルームも広々。
大きな窓からは山と湖が見えて明るい光が入ってくる。

かなり満足して、ベッドに横たわり、幸せな気分で体を休めたのだった。

昼ごろ、ランチと散歩をしに外に出た。
2008082201.jpg
ポカラのレイクサイドは、まるっきり外国人観光客エリアだ。
小奇麗なカフェあり、お土産屋あり、アウトドアショップあり。
でもオフシーズンだからが、割と閑散としている。

私たちはトレッキングをするわけでもないし、特に滞在の目的がないのだけど
ブラブラするのにはちょうどいい。

食堂で、インドでいうタリーのネパール版を食べた。
豆のスープのダルが温かくて、おいしい。

どうやらここポカラは、
ただのんびりするにはうってつけの場所かもしれない。
2008082203.jpg
エベレストビールうまかった。


ランキング参加中です☆
 
スポンサーサイト
【2008/08/22 22:43】 | 15か国目★ネパール(08.8/22〜9/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ポカラでだらだらする
これといってすることもなく、
部屋でベッドにねっころがっているのが非常に心地よい。

横になったまま窓の外に目をやると、
上の方をどっしりとした雲に覆われてはいるが
緑の山々の裾野部分が見える。

実は後から、ポストカードかなんかでポカラのレイクサイドの景観を見てびっくりした。
この厚い雲の中に、白いヒマヤラの山々が隠れていたのをその写真で知ったからだ。

今は雨季だからか、まったくそれらの山は姿を現さない。
2008082401.jpg
かろうじて到着した日、マチャプチャレというポカラの代名詞ともいえる山が、
頂上部分だけをうっすらと見せてくれた。
2008082304.jpg
湖畔で、卓球している地元の人がいた。
ネパールは中国とつながっているし、卓球が人気なのかな。
インド系のひとばかりでなく、モンゴロイドっぽい顔つきのひとも、いる。

アウトドアショップでサンダルと、バックパックカバーが安かったので買った。
今使っているカバーは穴があいたりして、ぼろぼろになってきているのだ。

ちゃんとサイズを言って買ったのに、帰って試してみるとどうも小さい。
店に戻って、もう一回り大きいのに交換してもらう。
また帰って試してみると、それも小さくて入らなかった。
3度目の正直で、また店にいき交換してもらう。
結局ギリギリで入ったのだけど、なんだか暇人だなぁと自分のことを思う。
2008082305.jpg
ネパール餃子のモモと、水牛をぴり辛に炒めたバフチリ。

モモには、野菜入りや、水牛を使ったものなどがある。
そういえばネパールも、インドと同様に、ヒンドゥー教徒が多かったはずだ。
ヒンドゥー教徒は牛は食べないことになっているけれど、
ネパールでは水牛は食べてしまうようで、いろいろなところでバフの文字をみかけた。
水牛は、牛ではないという認識なのかなぁ。



ランキング参加中です☆
 
【2008/08/23 23:22】 | 15か国目★ネパール(08.8/22〜9/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カトマンズへ
ポカラでもうちょっとのんびりしてもよかったけれど、
朝6時ごろのバスで、カトマンズに向うことにする。

このバスチケットの購入の際には、ひともんちゃくあった。

そもそも、宿泊した宿では、もっとお金を落としてくれよーと言わんばかりの
営業オーラをバシバシ感じていたのだけど、私たちはそれらを全て断ってきた。
どこにも行く気はなかったし、ただ自分たちのペースでのんびり過ごしたかったからだ。

毎日それらを断っているからといって、特に嫌な顔をされるわけでもないし、
私たちはわりと居心地のよかったこの宿には満足していたので、
どうせなら、最後に宿でバスチケットを購入することにしたのだった。

もちろん、事前に他の店でリサーチをして、
それらの金額と大差がなかったという前提があったりはするけれども。

なのに、1日前に聞いていた値段より高く提示してきたり、
勝手にバスのランクを下げて予約したりと、
あからさまにお金のことしか見えていない態度にカチンとなり、
相方と宿の人が声をあらげての言い合いになった。

これがインドだったら、決して珍しいことではないかもしれない。

だけどネパールでは、そういう面倒くさいこととは無関係でいられそうな
気がしていただけになんとも残念な気持ちがした。

そんなこんなで手に入れたチケットを片手に、
朝の5時半にレイクサイドをテクテク歩いて向かったのは
宿から2キロほど離れたツーリストバスパーク。

そこにはたくさんの民間バスが止まっていた。
ミニバンっぽいものから大型バスまで、大きさや座席のタイプもいろいろなので
チケットの値段がまちまちなのはこのためだったのかと思う。

そしてどのバスも見事に満員のようだった。
オフシーズンといえど、こんなに外国人がいたんだなぁと感心してしまったほどに。

バスはカトマンズまでの8時間を、何度も休憩しながらのんびり進む。
この道もやっぱり悪路である。
少し居眠りすると、バスがはねた拍子に天井付近のでっぱりに頭をぶつけてしまい
相方はなんとたんこぶをつくってしまった。

だけど、私はといえば、窓の外の風景に釘付けになってしまった。
悪路が苦ではないほどに。

山の急勾配に、これでもかとぎっしり棚田が作られ
青々とした稲が光っている。
そこにインド女性と同じような、サリーやパンジャビードレスを着て働くネパールの女性。
無邪気に遊ぶ子供。
山の中腹には平屋の家が建っていたりして、なんだか日本の田舎みたいでもある。
だけどそんな風景の中、すれ違ったり追い抜いたりする
日本では絶対に見かけない神様がカラフルに描かれたトラック。

国境からポカラまで夜行バスできちゃったけど、
こんな風景が広がっていたのなら、昼間に移動してもよかったなと思った。


あっという間にカトマンズに着いた。

安宿が集まるタメル地区に泊まろうと考えていたので、
ここでも、タクシーで連れて行ってくれるというタメルのゲストハウスの客引きについていった。

ちょっと休んでから近所を散策へ。
少し歩けば、いたるところにヒンドゥーの神様がいる。
2008082402.jpg
木造のお寺を見ると、親近感が沸いてしまう。
2008082403.jpg
軒下には、なまめかしい雰囲気すら漂う神様の細かい装飾があったりして
こんな風な建物は、初めて見る。
2008082503.jpg
クマリという女神が住んでいる館。
中庭からみただけだけど、細かい装飾が見事で、
女神の住処としての雰囲気は抜群だった。

チベットのダライラマも生き神だけれども、
それと同じようにクマリも地元に住む少女が神となっているらしい。

チップを払えば、2階の窓からクマリが顔を出してくれるようだ。
館の前でクマリのポストカードを売っていたのを見たけれど
クマリはまだ幼い顔立ちの少女であった。


ランキング参加中です☆
 
【2008/08/24 10:35】 | 15か国目★ネパール(08.8/22〜9/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カトマンズで本を売り、日本料理屋に感激
私たちが泊まっているタメル地区というのは、
安宿、小奇麗なカフェやベーカリー、ネットカフェ、旅行会社、ランドリー、みやげ物屋という
外国人バックパッカーに必要なものがすべて揃った便利な町であった。

言い換えれば、その中に入ってしまえば
そこがネパールだろうとインドだろうとラオスだろうと
どこも同じように見えてしまう味気ないエリアでもあるのだけど、
同時に食べ物に困らず、英語も通じ、安心感のある場所だというのは確かだ。
2008082502.jpg

それはそうと、私たちがカトマンズに来たモチベーションのひとつは、
「世界一おいしい日本食が食べられるカトマンズ」
とバックパッカーの間で評判の日本食を食べることであった。

そして昨日、到着するなりその日のディナーを和食に決定。
宿の隣に「おふくろの味」という日本料理屋があったので、そこに入ってみた。

店に入ると、いきなり広がる和空間。
メニューは日本語だし、品数も多い。
私たちはとんかつ定食とからあげ定食を注文した。

すぐに湯飲みに入ったほうじ茶とお通し(ナスと肉味噌の和え物)
が出てきて、いやがおうにも期待が高まる。

実をいうと、インド(デリー)にも、日本食の看板は、あった。
まだ飽きるほどカレーを食べてはいなかったけれども、
久しぶりに見る「親子丼」の文字に引かれて注文したことがある。
でもそれは、醤油すら使っていないんじゃないかと思われる創作料理であった。

それを思うと、「おふくろの味」の料理は
まず、ほかほかの白米からしておいしく、
最後にデザートまで出てきて
その味とサービスにふたりともかーなり満足したのであった。

ネパール料理を食べるより、ちょっと値段は張るけれども、
おいしい日本食を食べるときに感じる幸せと、
自分が日本人であることのはっきりとした自覚、
これは日本を離れて外国にいるからこそ感じえるものかもしれない。
などと考え込んだりして。

それから、もうひとつのモチベーションは本。

キルギスで出会ったS君と相方が交換した文庫本に、
たまたまカトマンズの本屋の名前が書いてあった。
そこには、店にまた持ってくると半額バックするとあった。
別にその半額欲しさにというわけでもないけれども
カトマンズでその本を返して、今もっている文庫本を何冊か売ろう!
というのがなんとなく目的のひとつとなっていた。

で、タメル地区にその本屋はあった。
カトマンズを離れ、キルギスで私たちと出会った船戸与一の文庫本は
ここでまた、カトマンズの本屋の棚へと戻されたのだった。
ひとつ任務終了。

だけどこの本屋は、相方がもっていた5冊ぐらいの本のうち、
見た目がきれいな1冊しか買ってくれなかったのだった。

タメルには他にも本屋がある。
自称「和書3000冊の品揃え」というこの本屋で
見事すべて完売。
2008082501.jpg
こちらの本屋の方が、おもしろそうな本がいっぱい売っていた。

ここだけの話、日本の古本屋で100円で購入した文庫本が
カトマンズで80円で売れてしまったりしたのでした。

こうして売ったお金で、新しい本を数冊買った。
巡り巡って本も旅してるんだなぁ。

【2008/08/25 14:30】 | 15か国目★ネパール(08.8/22〜9/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界遺産を見たまではよかったのだけど…
カトマンズでも、私たちはだらだらと過ごしていた。
魅力的な場所はいくらでもありそうなのに、
気は惹かれても行動するまでの力がでない。

何をするでもなくベッドに横になりながら、
カトマンズのこのけだるい雰囲気は、インドのバナラシに似ているかも、と思いついた。

たった2日しかいなかったバナラシだけど、
私は「地の底」という言葉をバナラシに当てはめていた。

多すぎる神様、大きすぎるガンガー、
そして人間は、牛や犬やヤギと同じように
はだしで地面を早歩きで過ぎる。生きる。
そしてその延長線上に死があり、肉体はガンガーに含まれる。
簡潔すぎるほと簡潔に、そんなイメージを私はもった。

カトマンズもまた、神様であふれている。
神様の力がからみあっているのか、どこか混沌としている。
盆地ということも関係あるのだろうか?
ここもまた、底をイメージさせる。
カトマンズは標高1300m以上の高地にあるっていうのに。
なんだか重くて息苦しい。
空に、神様に、押しつぶされそうなのだ。


それはそうと、インドの国境ラクソウルまでのバスチケットを買ってしまったので
どこかに行くなら今日しかないのであった。

なので、そんなに遠くないスワヤンプナートを見に行くことに。
2008082601.jpg
ここは丘の上にストゥーパが祀られている。
ストゥーパというのはそもそも仏舎利が収められているものであるからして、
ということは、ここは仏教施設のはずである。

なのに、丘へと登る階段のところに、
小さなガルーダの像を見つけた。

ガルーダといえば、ヒンドゥーのビシュヌ神の乗り物として有名である。

でもそういえば、ネパールでは仏教がヒンドゥーに融合されていると聞く。
つまり、ブッダはビシュヌ神の化身ということになっているらしいのだ。
そう考えると、仏教施設にガルーダがいることはそうおかしくはないか。

だけど、純粋な仏教徒の人はどう思っているのだろう。

そんなことを考えながら階段を登っていると、
突然、サルが襲ってきた!

赤いパーカーを着てたから興奮しちゃったのかなぁ。
私の帽子を取ろうと頭を引っかき、歯をむき出して威嚇している。
相方が慌てて、ペットボトルを投げるそぶりで威嚇しかえしたら
逃げていったのでよかったけど。びっくりした!
2008082603.jpg
ようやく頂上まできましたよ。
2008082602.jpg
と思ったら、雨が降ってきた。
ツイテナイ。
ストゥーパに描かれたブッダの目は、4方向をみつめていた。


それにしても、なんだか気分がよくない。だるい。

宿に戻って熱を計ると、40度あった。
最悪だ。
【2008/08/26 15:30】 | 15か国目★ネパール(08.8/22〜9/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高熱との戦い
昨晩は、最初に体温を測ったときが40.1度。
日本からもってきたバファリンをのみやり過ごそうと思っていた。

汗をかき、いったん熱が下がるものの、
すぐにガクガク震える激しい寒気がやってきては
また39度まで熱があがってしまう。

それを一晩で4回ぐらい繰り返した。

今朝、熱をはかってみると、39.9度ある。
結構やばい。

予定していたインド行きは当然キャンセル。
チケットはすでに購入済みだったけど、しょうがない。

とにかく熱を下げたいけれど、バファリンじゃ効かないことが分かったので
相方に地元の風邪薬を買ってもらった。

それを飲みつつ様子をみるけれど、
昨晩と同様に、
高熱→発汗と解熱→激しい寒気と震え→また高熱
というサイクルを何度もくりかえす。
2008082702.jpg
あまりに汗をかきすぎて着るものがなくなったので、相方のシャツを借りたりする。
たまたま部屋がトリプルだったので、ふたつのベッドを交互に寝て、
シーツにぐっしょりしみた汗を乾かすことができた。でもやはり気持ち悪い。
部屋の中は、びっしょり汗をかいた洗濯物でいっぱいだ。

夜も眠れないし、激しく消耗する。
明日の朝まで熱が下がらなかったら、病院にいこうと思う。
【2008/08/27 16:12】 | 15か国目★ネパール(08.8/22〜9/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妙に旅行者慣れしたネパールの医者
最初の発熱から3日目。
結局、今朝も体温は39度台であった。

もうフラフラ。
というか、動けない。

宿の人が、ドクターを呼ぼうか?と言ってくれたので、お願いする。
日本のような感覚で、
点滴でもちょっと打ってくれれば、それでだいぶスッキリするのに、
なんて思っていた。

しばらくしてやってきたドクターは、やたら軽装だった。

しばし問診して、それから大量の薬を私に飲ませた。
ともかくたくさんの薬を飲んだ。何の薬か聞く気力は私にはない。

それから、お手軽ORSを作ってくれた。
以前、相方がインドの病院に行ったとき、
ORSのパウダーがあることをはじめて知ったのだけど
それがなくても簡単に作れる方法を、そのドクターは知っていた。

用意するものは、1リットルの水のペットボトルと、
スプライトの瓶(250mlぐらいかな?)、そして塩だ。

まずペットボトルからコップ2杯分ぐらいの水を出しておく。
そこに小さじ3~4杯ぐらいの塩を入れ、
スプライトを1本そそぐ。スペースがあれば、出しておいた水を継ぎ足す。

これでいつでもどこでもORSが作れる。

ドクターはORSと水とを大量に私に飲ませ、
数分おきに熱を計った。

するとびっくりすることに、30分ぐらいで36度台まで下がったのだ。
でも、次に計ると37度台に上がったので、
ドクターはちょっと困惑した顔で
「マラリアの可能性があるから、マラリアの薬も飲んでおこう」
といって追加の薬を私に飲ませた。

それからドクターはおしっこを見るといい、
私はペットボトルの底を切った容器に尿をいれ、それを見せた。
自分でもおどろいたのだけど、尿には何か白い物体がたくさん混入していた。

ドクターは、アメーバーがいる、と言っていた。
アメーバーとはなにか、良く分からないけど、ウイルスのことかな、と思った。

便はでているか?と聞かれ、
そういえば3日間出ていないと答えた。
すると、それが大事なことであるかのように、下剤もまた私に飲ませた。


ともかく熱は下がったけれど、非常に気分は悪い。まだフラフラする。

だけどこれで一安心、ということか
夕方またくると言い残してドクターは去っていった。


で、夕方、熱は35度台まで下がり、その後上がることはなかった。
ドクターは「よかった、マラリアじゃなかったよ!」と言っていたけど、
本当に違うのか、ちょっと怪しいと感じてしまう。

それにこの人、偉く高い金額を請求してくる。
「日本の保険会社は全額を払ってくれる素晴らしい仕組みになっているから
お金のことは心配しなくていいよ、ちゃんと書類を書くからこれで大丈夫」なんて
妙にお金に慣れた感じもうさんくさい。

まぁでもとにかく、熱は下がった。
だけど熱があるときと同じくらい、気分は最高に悪い。
相変わらずひっきりなしに汗をかき、よく眠れないし。

相方は、汗を含んでずっしりとした洗濯物をランドリーに持っていってくれ、
夜には、例の「おふくろの味」でおにぎりをテイクアウトしてきてくれた。
なんと味噌汁つき!
2008082801.jpg
おいしかった…
【2008/08/28 16:33】 | 15か国目★ネパール(08.8/22〜9/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。