はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
乗車拒否しまくるようになったバンコクのタクシー!
バックパッカーといえばカオサン、
カオサンといえばバックパッカー。

というイメージを持つ人は少なくないと思う。
私もそうだった。

でも、今回カオサンのゲストハウスを数件回ってみて思ったのは、
コストパフォーマンスが悪い!

確かに、200バーツぐらいの安宿はあるんだけど
どこもシャワーとトイレは共同、部屋は狭く古く、エアコンなし、窓なし等。

200バーツといえば、約7ドルだ。
ベトナムやカンボジアから回ってきた私達にとって、そんなに激安という印象ではない。

今となっては、東南アジアきっての発展国タイの首都バンコクで
それぐらいの値段で泊まれる場所があること事態に価値があるということか。

実際、カオサンには安宿というよりビジネスホテル的な
800バーツ前後、そして2000バーツぐらいの宿も乱立してきているようだ。

私達も昨日、トイレつき、ホットシャワーつき、エアコンつき、冷蔵庫つき、朝食つき(別にこれはいらなかったけど)750バーツの部屋に泊まってしまった。2450円。高いな。
でも、この時期のバンコクはエアコンがないと非常に暑いのです。
エアコンなしのゲストハウスを見てみたら、みんなドア開けて寝てたけど、それをする気にはならないしなぁ…。


さて、そんでもって今日は弟と再開することに。
彼はいまバンコクに住んでいるのだ(彼のブログはこちら

●カオサンは不便だし、ソンクランが始まると外に出て水に濡れないで帰ることは100%不可能
●MBKの近くのソイカセムサンに500バーツぐらいの宿が何件かあるよ
という彼からのアドバイスを元に、ソイカセムサンの宿へ移動することにしたのだ。

なので、弟と待ち合わせしたMBKまで行こうと、カオサンでタクシーを止めようとしたのだが
道端には何台かタクシーをスルーしている西欧人がいる。

なんでかなと思いつつ、私達もタクシーを止めると、
後部ドアを開けようとする前に運転席の窓から顔をだして
「どこいくんだ?」と聞いてくる。
え?と思いながら「マーブンクローン」というと、
薄笑いして手を振ってそのまま車を走らせた。乗車拒否だ!
隣の西洋人も乗車拒否されていたんだ!

うぬーーと思いながら、また手を挙げてタクシーを止める。
そしてまた乗車拒否。
ひどい奴だと、NOとも言わずにただ目線を正面に向けてそのまま何事もなかったかのように走り去る。非常に感じが悪い!!

何人かは、200バーツで行くとかいうし、
あなたたちはメータータクシーじゃないのですか?車体の上にメーターって書いてありますけど?

と丁寧に書いてみましたが、実際は何度かそんなやりとりを繰り返すうち本当にイライラしてきた。
だって、以前タイに来たときは普通にメータータクシーを使ってたし
こんなことされた覚えが一度もない!

しかも、メーターだったら2キロまで初乗り35バーツ、その後もそんなに高くないので
MBKまで4キロとして50バーツぐらい?のはずだ。

ムキーーとなりながら、カオサンからちょっと歩いて流しのタクシーを止めるも、みんなそんな感じ。
確かにカオサンには路線が複雑でどこで乗ったり降りたりしたらいいのかいまいち分からないバスしか公共交通がないし、私達みたいにバックパックを背負ってる人はタクシーが便利なんだけど、完全に足元みられてるのが癇に障る。

気分を変えて、トゥクトゥクを止めて60バーツで商談成立。

このときは、タクシーのこのひどい有様はカオサンだけの話かと思っていたのだけど
その後でナイトマーケットから帰るときも同じようだったし、
弟に聞いたところ、どうやらタイ人もたまに乗車拒否されるんだって。
外国人の方がチップくれるから乗せるはずだけど、とも言っていた。

相方に、なだめられながらも納得の行かない私。
2008041001.jpg
こんなにいっぱいタクシーいるのに…。
スポンサーサイト
【2008/04/10 20:49】 | 5か国目★タイ(08.4/10〜4/20) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なぜかバンコクで初ゲ●ピー
お腹の話。

私は日本でもそうなのだけど、
海外旅行中でも比較的なんでも食べ、かつお腹を壊したことがない。
結構、お腹の強さに自信を持っているのだ。

今回の旅行でも、今日までインドネシア、中国、ベトナム、カンボジアと回ってきたけれど
屋台料理を普通に食べたり、ローカルな店で氷入りジュースやデザートを味わってみたりと
口に入れるものにそんなに神経質にならずとも、お腹の心配をすることはなかった。
(相方は最初のバリから始まって、環境が変わるたびにお腹がゆるくなってたみたいだけど)

いつでもおいしくごはんが食べられて幸せだった。

そう、この日までは…。

今日は弟の家に行って、その後一緒にMBKのMKでタイスキを食べた。
弟が最後の雑炊を作ってくれて、それを食べ終わってフーっと一息ついたところで
急にピキーンと腹痛が…。

ヨタヨタとトイレに行き、この後、弟がパブに連れて行ってくれることになってたのだけど
とても酒を飲める状態ではなく、爆弾を抱える気持ちで宿に戻った。

どうやら、次の日に弟が「あの後、僕もお腹いたくなった」と言っていたので
ランチに二人で食べた屋台のカオソーイ(相方はひとくちふたくちしか食べなかった)
2008041101.jpg
が原因なのかもしれない。↑コレ
バンコクには何度か来た事があるので、食べ物が合わないなんて思いもしなかった。

相方は苦しがる私をめずらしがって、「写真とっていい?」と言っていたけどもちろん却下。

はぁ。行けるかなぁ、インド。
訪れる人が皆下痢になるという…。なんだか心配になってきた。


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 


【2008/04/11 11:11】 | 5か国目★タイ(08.4/10〜4/20) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソンクランが始まりました!
4/13はタイのお正月で、バンコクでは
大晦日にあたる今日から15日まで、ソンクラン(水掛祭り)と呼ばれるお祭りが続くみたいです。

宿の近くのショッピングエリア、サヤームでは大規模なセールをやってます。
歳末大売出しってところかな。

私たちはソンクラン初体験!なのですごく楽しみ。

まずはスーパーで準備から。
2008041201.jpg
水鉄砲はソンクランの必需品!


そして、夜は弟が教えてくれたセントラルワールドというショッピングセンターへ。
ここでは一足早く水掛バトルブースがあって、
若者たちが水を掛け合いながらDJの音楽に乗って楽しそうに踊ってた。
2008041202.jpg
私たちはモダンドックというバンドのライブを見たんだけど、
ステージから巨大ホースで観客席に水が掛けられて
びしょ濡れになって盛り上がりました。
2008041203.jpg
一応、ステージの上には透明の仕切りがあって、
演奏者に水がかからないようにしてあるんだけど
ボーカルはカッパを着て仕切りの外に出ては、
観客から水鉄砲で水を掛けられてたよ。


実は、今日もまだお腹の具合がよくなくて、
だから水掛バトルには参加しなかったのに、
ライブを見ただけで全身ずぶぬれになってしまい冷や汗ものでした。

なにはともあれ、Happy new year!


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 



【2008/04/12 11:13】 | 5か国目★タイ(08.4/10〜4/20) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
見知らぬ人がすれ違い様に頬をなでてゆくソンクラン!
(※今日の写真は密封式クリアケース越しの携帯電話から撮ったもののため、あまりキレイに撮れていません。あしからず。)

さて、朝起きて、いつも宿の前にいる屋台でご飯を食べようとしたら
ひとつも屋台が出てなかった。

ソンクランの時期はみんな地元に里帰りするから、バンコクに人が少なくなる
と弟に聞いていたけど、お店もお休みするところが多いんだろうな。

今日は、ソンクランのオフィシャルバトルエリアであるカオサンへ行ってみることに。

タクシーをつかまえてカオサンまでというと
またしても偽メータータクシーの運転手たちは「200バーツ」のオンパレード。
もう面倒くさいので、とりあえず100バーツで折り合いをつけて乗り込んだ。

カオサンに近づくと渋滞しはじめ、この辺から歩いていってとラチャダムヌンクライ通りで降ろされた。
人の流れに沿って進んで行くと、次第に人々が水鉄砲で水を掛け始め、
水で白い粉を溶いた液体をすれ違い様にヒョイと顔や腕に塗ってくる。

カオサンロードに入る一本前の道からは満員電車のような込み具合に。
2008041302.jpg
ギュウギュウになりながらカオサンロードに入るとゲートでボディチェックをしていた。

カオサンロードでは何をしているのかというと、
知らない人に水鉄砲で攻撃される→水鉄砲で反撃
タライに入った氷水をザブンと掛けられる→水鉄砲で反撃
白い粉をほっぺたにニュルっとつけられる→黙ってそれを受けるしかない
の繰り返し。

氷水は、いくらバンコクの暑い時期だといってもヒヤっとする冷たさ。
そして白い粉は、ピンクだったり黄色だったりもするけど
だいたい男性が女性に、女性が男性の顔につけるものらしく、
私は若い男性やおじさんに頬っぺたを何度も撫でられることに。
頬っぺただけならまだいいけど、顔全体をデロンと撫でていく人がいて
口にその粉が入るとすごく気持ち悪い。
目に入ったら痛いんだろうな。
トイレで、半泣きになりながら目に入ったその白い液体を洗っている女の子を数人見かけたよ。
2008041301.jpg
顔まっしろ。
2008041303.jpg
おまわりさんもこんな。

道路脇では水鉄砲とか、それに入れる水や、
2008041304.jpg
例の白い液体の元になる団子状の固形物体とそれを説く粉なんかが売っていて、
カフェではビールや飲み物、屋台ではちょっとした軽食も食べられる。

私達もお腹がすいたので、オムレツのせご飯と、パッタイを食べた。

それにしても、すごい人。
夕方になって、ステージでイベントとかライブ演奏とかをはじめたけど
立ち止まるとドミノ倒しになりそうなほど道が人でギュウギュウ詰めに。
弟とも合流しようとしたけどできなかった。

疲れたので、またラチャダムヌンクライ通りまで出て、トゥクトゥクで帰路に着いた。

と、思ったら、
トゥクトゥクが信号で止まった瞬間に、沿道からタライで水をザバンと掛けてきたり、
トゥクトゥクが通る瞬間に変な色の着いた液体をザバンと掛けてきたり、
横付けしたバイクやトゥクトゥク、タクシーから水鉄砲の攻撃を受けたり
乗り物に乗っても油断できないということが分かった。

ともあれ、初ソンクラン、とても面白かったです。

ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/04/13 11:15】 | 5か国目★タイ(08.4/10〜4/20) | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
ソンクランはアロハでGO!
ワットポーのリクライニングブッダです。今日は王宮周辺を観光してきました。
2008041404.jpg

というのも、英語のフリーペーパーを読んでたら
このあたりのお寺に行けば、本当のソンクランが見られると書いてあったから。

そして、なんとなくその意味がわかりました。
2008041401.jpg
皆に水をかけるお坊さん。
2008041403.jpg
小さな仏像に、いい香りのする水をかけてまわる地元の人たち。
2008041402.jpg
私もやってみました。

昨日、なぜか町にアロハシャツの人がたくさんいたので
私の持参のアロハを着てゆきました。

どうやらソンクランには派手なシャツを着る習慣のようです。
タイの絵が描かれたアロハは、ちょっとダサくてかわいかった。

2008041406.jpg
ワットアルンでは、ノースモーク、ノーアルコールのスローガンをかかげ
ステージで出し物をやってました。
そんなまじめそうなショーにも、おかまが出てきて
タイ人のおかま好きがよくわかります。
それにしても、まん前の木がじゃまだ。


2008041408.jpg
夕方のワットアルンはきれいでした。
2008041407.jpg
今日はちょっとしか水かけられなくてよかった。
【2008/04/14 16:59】 | 5か国目★タイ(08.4/10〜4/20) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
シーロムでソンクラン参戦
昨日、王宮周辺から帰る途中でスカイトレインに乗っていたら、
パッポン通りのあるサラディーン駅でびしょぬれの若者がたくさん乗ってきた。
どうやらこの辺りもバトルエリアらしい。
なので、今日はそのサラディーン駅からシーロム通りで参戦することに。
2008041501.jpg
サラディーン駅を降りるとすでにこんな感じ。

めちゃめちゃすごい人!

どうやらカオサンは白い粉を溶いた液体禁止エリアだったみたいなんだけど、
(カオサン通りを出たら一斉にみんな塗りあってたけど)
こっちはその液体を塗りあうのがメインのようだ。
道行く人の顔はみんな真っ白け。

2008041502.jpg
お腹がすいたので顔の中心をとりあえずタオルで拭いて、
屋台で鶏肉炒めごはんと、卵焼き乗せご飯を食べる。

2008041503.jpg
夜になって、もっとすごい人だかりに。


このなかを歩いていたら、消防車がいたので事故があったのかなぁなんて思っていたら、
なんとその消防車が人波に向かって放水開始!!

最初はやった!これで粉がきれいにとれる!と思っていたけど、
例えてみれば、満員電車に乗っててスプリンクラーが壊れたみたいな状況。
びしょぬれの人たちが押し合いへし合いで、大変だった。

動画はこちら↑


もう満足したのでサヤームに戻り、ショッピングセンターでやってるライブをはしご。
2008041504.jpg
今日はすでに、仕事が始まっている人もいるみたいだし、
この辺にいる人はみんな濡れたくない様子。
誰かが水鉄砲をかけたら、みんな露骨に嫌そうな顔をしていたのが印象的だった。
【2008/04/15 13:41】 | 5か国目★タイ(08.4/10〜4/20) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
連休明けのフアランポーン駅
今日から宿の前の屋台も営業を始め、
街はなんとなく仕事はじめのひとでザワつきだした感じがする。

そんななか、フアランポーン駅へノンカーイまでの前売りチケットを買いに出かけた。
2008041601.jpg
駅にはテレビカメラが待機していて、きっと
「正月休みが明けて、今日からUターンラッシュが始まりました」
みたいなことを報道しにきたのかなぁと想像してみた。

だけど、私が行った時はそんなに混んでいなかったし、
予約カウンターも待ち時間0ですぐにチケットを購入することができた。

これで今週末は、ラオスです。

夜は弟がムーガタという焼肉みたいなものの食べ放題に連れて行ってくれた。
2008041602.jpg
下に炭が入っているんだけど、
中央のドーム型の鉄板で豚肉や鶏肉を焼き、
その周りの土手状のくぼみ入れたスープで野菜をシャブシャブするのだ。
1度に2度おいしいムーガタでした。

それにしても、弟が停めたタクシーはちゃんとメーターで走ってくれていた。
今回バンコクにきて、初めてメータータクシーで乗れたよ。
もう、タイ語がしゃべれない外国人は交渉タクシーしか乗れないものと思うしかないんだろうな。
【2008/04/16 14:41】 | 5か国目★タイ(08.4/10〜4/20) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。